神楽団

神楽を広めるための神楽団

<目的>
この会は、神楽の認知度が低い鳥取県西部を拠点とし、神楽の研究と普及・発展のためのあらゆる活動を行い、神楽の認知度を向上させ、地域資源として昇華し、地域に貢献することを目的とする。

神楽とは古くから伝わる神事であり、伝統芸能であり、娯楽要素も持っている日本の文化です。

日本各地にさまざまな神楽が伝承されています。

しかし、わたしたちが活動する鳥取県西部では、神楽があまり知られていません。

そこで、鳥取荒神神楽研究会神楽団は、若者達が中心になって、神楽を広めるための神楽を行っています。

01

少人数・短時間・安価な神楽で「神楽を広める」

神楽を広めるためには、神楽を知らない人に観ていただくことが必要です。

そのためには神楽が行われる場を増やさなければいけません。

つまり、イベントや祭りの主催者のニーズを満たし、神楽を呼んでいただくことで神楽公演が増えるのです。

神楽が普及していない鳥取県西部のイベントや祭りの主催者が求めていたのは、短時間で少人数で安価な神楽でした。

伝統芸能や神事としての神楽は、とても素晴らしいものですが、神楽を知らない方には難解だからです。

例えば有名な演目である大蛇退治は、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する勇壮なものですが、演者と笛や太鼓などを合わせると5~15人も必要で、広いステージと大がかりな機材が必要になります。また、時間も30分から2時間と長くなります。

温泉や観光施設などの小さなイベントや、30~50人程度の宴席では呼ぶことができず、また、神楽を知らない人や子供たちは長時間は集中力が持ちません。

そういった小さなイベントでも神楽を行い、神楽を知らない人に神楽を知ってもらうために、狭い場所でもできる少人数で短時間のわかりやすい神楽をしようと考えたのです。

コンパクトな神楽をやろう!

わたしたちは鳥取県日野郡江府町の下蚊屋荒神神楽保存会明神社(さがりかやこうじんかぐらほぞんかいみょうじんしゃ)に相談に行きました。

親身に相談に乗っていただいた結果、大国主命(オオクニヌシノミコト)の神楽をやったらどうかということになりました。

神話劇である国譲りの神楽の一場面で、出雲大社の祭神である大国主命が打ち出の小槌を持って舞い、竈巡り(かまどめぐり)をして豊作と無病息災を祈り、万宝袋から福の種を蒔くというありがたい神楽です。

こうして5~7分で舞い手一人と太鼓の最小2人で行うコンパクトな神楽をやることになりました。

なんと、無形民俗文化財で門外不出の神楽を指導していただけることになったのです。

二柱

そして、現在は皆生温泉の宴席での神楽公演、祭りや地域イベント、敬老会や施設への慰問、神社の神事での神楽奉納など、さまざまな場所で神楽を行っています。

また、備中神楽北山神能社の方にも指導していただくことができました。

DSCF3745

また、浦安の舞や神事については、多くの神職のみなさまの指導を受けながら行っています。

拝殿集合

演目は4種類+α(2016年11月末現在)

鳥取荒神神楽研究会神楽団の神楽演目は以下のものになります。

  • 大国主の縁結び神楽
  • 事代主の鯛釣り商売繁盛神楽
  • 寿福舞
  • 浦安の舞
  • 大蛇退治など要望された舞

イベントや祭り、宿泊施設などでの宴席、神社での神事、田植えや収穫祭、結婚式、敬老会、施設や建築物のオープン記念など、あらゆる場面で喜ばれています。

畳6~8畳程度のスペースで、宴会場などでも行うことができます。

音響については多くの場合使用していません。大きな会場や屋外で騒がしい場所などでなければ必要ありません。

着替えが行える場所が必要です。

公演料金については、22,000円より承っておりますが、物品(特産品、野菜、米、肉、宿泊券、食事券、金券等)でも可能な場合がございますので、まずは気軽にお問い合わせください。

どんなシーンで?

以下のような場面で喜ばれています。

  • 温泉施設での宴会のオープニング
  • 50~700名程度のイベントの余興
  • 地域や神社のお祭り
  • 結婚式披露宴
  • 敬老会
  • 婚活パーティー・縁結びイベント
  • 施設・店舗のオープン記念・新築祝い
  • 政治家の後援会(大国主神は国造り・政治の神)
  • 神社の神事
  • 歴史ツアー客への余興

⇒神楽やイベントなどの動画をご覧下さい!

kaguken

090-1331-6348 とくばやし


大国主の縁結び神楽

出雲大社の祭神、縁結びの神として有名な大国主命が、荒野を耕し田畑と成し、治水や医療で豊かな国を造って、竈巡りで人々暮らしぶりを確かめ、福の種を授けるというありがたい演目です。

演目の最後には、福の種(餅やお菓子など)を蒔くので、子供からお年寄りまで大変に喜ばれます。

ookuninushi

縁結び、五穀豊穣、福徳円満、健康長寿など、さまざまな御利益を授けてくださるありがたい大神様です。

15

また少彦名命とともに国を造った大神であることから、政治の神様とされていて、政治家の後援会などでも喜ばれます。

04

まつり

enmusubi縁結び神楽の詳細についてはこちらをご覧ください!

事代主の鯛釣り商売繁盛神楽

美保神社の祭神であり、商売繁盛の神である事代主命が鯛を釣る「めで鯛」神楽です。

若々しく機敏に片足で跳ぶ、華やかな神楽です。

演目の最後には、福の種(餅やお菓子)を蒔きますので、子供からお年寄りまで大変に喜ばれます。

akai01

神話の国譲りに際して、了承し天逆手を打ったことから手打ち・手締めの起源とされ、それが商売繁盛の神の所以とされています。
詳しくはこちら

koto03

matubara02

寿福舞(じゅふくまい)

大国主命と御子神である事代主命が親子で舞って福を授けます。

七福神では大黒と恵比寿となるありがたい舞です。

観客が多い場合などにおすすめです。

08

05

04

06

01

外国の方にも人気があります。

20

大きなイベントでも喜ばれます。

01

神前神楽舞 浦安の舞

02

浦安の舞は昭和15年の皇紀二千六百年祝典に、奉祝会が制定した神前神楽舞です。当時の宮内省楽部の多忠朝楽長が作曲、作舞しました。

同年十一月十日の奉祝会当日、全国の神社で一斉に奉奏されました。

天地の
神にそいのる
朝なきの
海のことくに
波たたぬ世を

爾来、この神楽舞は明治神宮をはじめ多くの神社の祭典に奉納され、神慮をお慰め奉っています。

07神職のみなさまの指導を受け、神社奉納を行っています。

07

神楽についてのお問い合わせはこちら

気軽にお問い合わせください。

090-1331-6348 とくばやし

19

神楽団員を募集します!

鳥取荒神神楽研究会

練習場所:伯耆町溝口駅遊学館の二階

練習日:毎週 火曜日、木曜日 19:00~21:00

神楽に興味のある方、まずは気軽に参加してみてください。

dai04

恵比寿大国

募集要項

  • 舞い手・・・オオクニヌシノミコトの舞い、コトシロヌシノミコトの舞
  • 笛・・・・ピーヒャララ
  • 太鼓・・・太鼓と掛け声

それぞれ若干名募集します。

とくに道具などは必要ありません。

未経験者も大歓迎です。

神楽は高齢者になってもできるので、やる気があればなんとかなります。

まだ、決まってないことだらけですが、

みなさん一緒に挑戦してみませんか?

とにかく、構えずに気楽にお問い合わせください。

神楽団員募集2

問い合わせ先
090-1331-6348 とくばやし

<問い合わせフォーム>
※内容は管理者に送信されます。サイトには表示されません。

▼研究会について
▼神楽団のこと
▼ブログ
▼神楽ふれあい体験会
▼イベントレポート
▼メディア掲載履歴
▼お問い合わせ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。