カテゴリー別アーカイブ: 下蚊屋荒神神楽保存会明神社

2016年新春下蚊屋荒神神楽イオン米子駅前店公演

2016年1月2日(土)鳥取県米子市のイオン米子駅前店で、江府町の鳥取県指定重要無形民俗文化財「下蚊屋(さがりかや)荒神神楽保存会明神社」の神楽公演が行われました。

01

毎年恒例の神楽で、11時と14時からの二回、約30分間に短縮した神楽が行われます。

申年に猿田彦大神

2016年は申年ですが、例年は舞われることのない猿田彦大神の舞が特別に舞われました。

02

神事舞であり邪魔外道を斬り祓う勇壮な舞です。

03

04

天狗のような鼻の高い赤い面に白い髪と髭。

05

両手に扇子を持って舞い出します。

06

鳥取県日野郡では、猿田彦大神の衣裳は白です。

07

08

太刀にて東西南北と中央を斬り祓います。

八重垣能(やえがきのう)

スサノオノミコトのヤマタノオロチ退治の演目です。

本来は一時間半くらいある演目ですが、この日は20分程度に短縮されています。

09

スサノオノミコトが舞い出します。

10

大国主命と並んで、もっとも豪華な衣裳です。

11

クシナダヒメはテナヅチ、アシナヅチの息女です。

12

7人の姉は、すべてヤマタノオロチに食べられてしまい、今年はクシナダヒメの番であると両親は嘆き悲しんでいます。

13

14

15

スサノオノミコトはクシナダヒメを嫁に娶ることを条件に、ヤマタノオロチ退治を約束します。

16

17

スサノオノミコトは八雲立つ31文字の神歌を詠み聞かせ、祝言となります。

18

スサノオノミコトが戦いの前の舞いを舞うと、ヤマタノオロチが現れました。

本来は松尾明神の酒造りがあるのですが、この日は短縮版なのでカットされています。

19

20

今回は室内なので無かったのですが、屋外の場合などはドライアイスの霧が出たり、ヤマタノオロチが火を吹いたりします。

21

素面(面をつけないこと)で軽装になったスサノオノミコトがヤマタノオロチと戦います。

22

神話では十握(とつか)の剣で戦いますが、神楽では日本刀です。

23

一進一退の激しい攻防です。

24

酒を飲んで酔っていてなおヤマタノオロチは獰猛です。

25

ヤマタノオロチの首が獲られました。

26

27

ヤマタノオロチは討ち獲られ、尾からアメノムラクモノツルギが出てきました。

スサノオノミコトはその剣を天照大神に捧げて幕となります。

大国主命が福の種をまく

八重垣能が終わると、続いて大国主命が舞い出しました。

28

国造りの大神であり、座長クラスが舞う特別な舞で、ゆったりと大きく艶やかな舞です。

下蚊屋荒神神楽保存会では、小椋副会長が舞います。

29

福の種がまかれ、観衆は大喜びでした。

写真は割れんばかりの拍手の中で退場する様子です。

31

記念撮影をしました。

34

下蚊屋荒神神楽保存会明神社小椋会長と徳林会長と柏平副会長。

36

日野郡でもっとも古いと伝わる下蚊屋荒神神楽保存会明神社の神楽は、素朴ですばらしい神楽です。

来年も見に行きますよ!

備中神楽北山神能社が明治ごんぼう村ふるさと市場で舞います!

明治こんぼう村ふるさと市場リニューアルオープン!!

平成26年6月28日(土)明治ごんぼう村ふるさと市場がリニューアルオープンします。

20140628_gonborenew場所:明治ごんぼう村ふるさと市場

岡山県井原市芳井町種569-1(090-8711-3296)

日時:平成26年6月28日(月)9:00~

イベント盛りだくさん

ごんぼう君壁画除幕式、鳴滝太鼓、ふるさと子供神楽など

地域の極上グルメを無料のふるまい

明治ごんぼう入りだんご汁ふるまい

ジビエ料理 猪肉焼きふるまい

ごんぼうかりんとうDEチョコポッキーを作ろう

ごんぼう村自慢!季節のおすすめ商品

赤土で育った高原野菜

明治ごんぼう、馬鈴薯、にんじん、ほうれんそう、いんげん、キャベツなど

明治ごんぼう村の加工品

ごんぼうかりんとう、かしわ餅、味噌漬け、山菜おこわ、猪肉、米粉、手作りこんにゃくなど

井原市観光協会の紹介ページ

北山神能社とは?

岡山県井原市の備中神楽社中で、明治30年頃に創立、東宮御所にて天皇陛下への神楽奉献、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、アメリカなどに文化訪問、伊勢神宮の遷宮などでも舞った実績実力ともに秀でた社中です。

DSC_0857DSC_0862DSC_0874DSC_0889DSC_0963DSC_1018

この日の神楽は、明治ごんぼう村ふるさと市場のすぐ近くで行います。

この日は朝10時から、

神事舞

臣能(国譲り)

祇園(大蛇退治)

吉備津

祇園の途中で「お田植え神楽」も舞われます。

みなさん、是非、遊びに来てください!

20140628_gonborenew

2014/1/2米子駅前イオン神楽公演

米子駅前イオンで、下蚊屋荒神神楽保存会明神社の神楽公演がありました。

新年の売り出しのお客様に喜んでもらおうと、イオンさんが毎年企画しているものです。

演目は八重垣能です。

スサノオがヤマタノオロチを退治する有名なお話です。

今回は大国主神が福の種もまきました。

 

 

中海テレビで下蚊屋荒神神楽保存会明神社の国譲りの神楽が放送されます

先月30日に、皆生温泉東光園で行われた、下蚊屋荒神神楽保存会明神社の国譲りの神楽が、中海テレビ放送で本日7月21日と22日に放送されます。

鳥取県無形民俗文化財に指定されている伝統芸能で、あまり舞われることのない珍しい神楽です。

二柱
写真:練習の様子

オオクニヌシノミコトが葦原中津国を天孫に譲る物語

葦原中津国(あしはらのなかつくに・古代の日本)を治めていた神司オオクニヌシノミコトが、アマテラスよりの使者フツヌシとタケミカズチとの掛け合いで国を譲る物語です。

後半では、オオクニヌシの息子である武神タケミナカタがフツヌシとタケミカズチの二柱(神様は柱と数える)と戦い、諏訪大社に鎮められます。

オオクニヌシの福の種、エビスのタイ釣り、タケミナカタの戦闘と、見どころたくさんの神楽です。

途中に出てくるイナセハギノミコト(イナシャハギ)と太鼓との漫才も楽しんでください。

備中神楽の流れを汲む下蚊屋荒神神楽保存会明神社の勇壮華麗な舞を、中海テレビでご覧下さい。

下蚊屋荒神神楽保存会明神社オオクニヌシノカミの神歌の考察

下蚊帳荒神神楽保存会明神社に伝わる国譲りの神楽のオオクニヌシノカミのセリフです。

出雲なる青垣山のふもとより神風吹けば涼しかるらん

さても神前に舞出す神はいずこいかなる神とや思うらん
これなるは豊葦原は中津の国の神司
大国主の命にて候

天地の広き荒野を田となして
くわのみほこや露の玉よね

さてこれより中津の国かまど巡りをなすにて候

さてかまど巡りをなす見るに我に適たうものは一人もなし
これよりはここに集まるうじこに
福をさずけばやと存じ候

大国は万宝袋のひもといて
多くのうぶこに福をさずくる

さて、うじこに福をさずけし後は
我はこの所においてしばしの間休息なし申さん

出雲なる青垣山とはどこなのか?

さて、冒頭の青垣山とはどこなのでしょうか?

出雲国風土記に見る青垣山

郡家正北1里100歩。所造天下大神”大穴持命”、為伐八十神、造城。故、云「城名樋」也 - 風土記

大国主命の若い頃の名前は大穴持命(オオナムチ・オオナムジ)というが、八十神を倒すための砦を作った場所がこの城名樋山(きなひやま)である。

郡家正南8里。”所造天下大神命” 詔「八十神 者、不置 青垣山裏。」詔而、追撥時、此處 追次坐。故、云「来次」 - 風土記

八十神たちを青垣を巡らせた美しいこの地にはおかないといって、ここにやってきて追いついたので「来次(きすき)」という。

大和青垣の山

大和平野から見える山々は青い垣根のように囲まれているという意味で、生駒や金剛葛城山、平城丘陵、飛鳥の山々、山辺の山々のすべてが青垣山とされている。

山辺の道周辺が大和青垣国定公園に指定されたこともあり、大和平野西側の山地を青垣山と定義するのが一般的。

青垣山(仰画山)と呼ばれる代表的な山として、奈良県桜井市三輪の三輪山があるが、三諸山、神山、タカクラ山とも呼ばれ、大神神社(おおみわじんじゃ)がある。

古くは大神大物主神社、通称で三輪明神と呼ばれ、社殿がなく拝殿と神門だけがある原初的神社である。

豊葦原の中津の国とは日本の国土を表す

豊葦原の中津の国(とよあしはらのなかつのくに)は、葦原中国(あしはらのなかつくに)として、日本神話において高天原と黄泉の国の間にあるとされる世界、すなわち日本の国土のことです。

日本書記には「豊葦原千五百秋瑞穂國」という記載があります。

スサノオの息子である大国主命がスクナビコナと協力して天下を経営し、禁厭(まじない)や医薬などの道をおしえて葦原中国の国作りを完成させたと言われています。

神司は神祇官

神司(かんつかさ、かんづかさ、かむづかさ、かみつかさ)は古代律令制の神祇官です。神に仕える人や神社の祭事を行う人、神官のことで、「豊葦原の中津の国の神司」とは、大国主命は出雲を中心として長野県まで、当時の日本でもっとも大きな国の神祇官であると名乗っていることになります。

中国から律令制を導入したときに政治を司る太政官と神事を司る神祇官が置かれるのですが、大国主命は一人で政治と神事の両方を治めていたのかもしれません。

下蚊屋荒神神楽保存会明神社

下蚊屋荒神神楽保存会明神社とは?

鳥取県江府町下蚊屋には、江戸時代から伝承する伝統芸能「荒神神楽」があります。

神事であり芸能である神楽。

下蚊屋荒神神楽保存会明神社は、伝わってきた技を変えずにそのまま伝承することを重視した伝統芸能団体です。

住所:鳥取県日野郡江府町大字下蚊屋

代表者:小椋和美

江戸時代末期に、下蚊屋集落と隣接する美作、備中地方との交流の中で備中神楽として伝わった。

下蚊屋集落は木地師の里であり、優れた木工加工の技術を持つ職人が多く、神楽面が作られ、冬季の娯楽芸能として定着していった。

明治期に社中が結成され、下蚊屋荒神神楽として確立し、昭和7年には保存会が組織され、代々伝承されている。

参考:http://www.pref.tottori.lg.jp/secure/449514/10u%20simokataarakamikagura.pdf

備中神楽の流れを汲む演目はふたつ

下蚊屋荒神神楽保存会明神社の神楽演目はふたつです。

八重垣能(大蛇退治)

 

 

三貴子の一人、天照大神の弟であるスサノオノミコトが、悪行の数々をはたらいたため高天原(たかまがはら)を追いやられるが、奇稲田姫(くしいなだひめ)を救う為に、頭が八つ、尾が八つ、目は鏡のごとく照り輝き、背びれ、尾びれをたなびかせた、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するお話です。

国譲りの能

天照大神(アマテラスノオオカミ)が、フツヌシノカミとタケミカズチノカミを使者として、オオクニヌシノカミに国を譲らせる話です。

 

伝統芸能が集落コミュニティを作る下蚊屋荒神神楽保存会明神社

鳥取県日野郡江府町下蚊屋集落は、霊峰大山の裾野の険しい中山間地域にある集落だ。

下蚊屋集落は大山古道「横手道」という街道沿いの宿場町として栄えました。

横手道は、岡山県真庭郡河上村から内海峠を越えて、下蚊屋、御机、鍵掛峠を経て大山寺へ続いています。

その下蚊屋集落には、荒神神楽という伝統芸能が400年前から伝承されています。

スポンサーサイト

集落が荒神神楽を中心にまとまる

下蚊屋の荒神神楽は、鳥取県の無形民俗文化財に指定されています。

集落の中心にある山口神社境内には神楽を舞う社務所があり、下蚊屋荒神神楽保存会明神社が伝統芸能を粛々と伝承しています。

そして集落は神楽とともにあるのです。

変えない伝統芸能

下蚊屋荒神神楽保存会明神社の会長、小椋さんは言います。

「神楽は変えない」

先輩から受け継いだものをそのまま後世に託す、神楽を変えないこと、そのまま伝承することが大事なのだそうです。

写真:オオクニヌシの舞の稽古、太鼓を叩く小椋会長

伝統芸能として伝承するため、太鼓も笛も楽譜がありません。

ものごころついたときから集落で荒神神楽に触れ、先輩方の技をそのまま見聴きして習得するのです。

6時間にも渡る神楽の中で神々の会話や口上として歌われる神歌(じんか)と呼ばれる歌は、さすがに最近、紙に書き記したそうです。

動画:2013年6月28日の下蚊屋での練習風景

夏は木地師、冬は神楽団となって集落をまわる

下蚊屋集落は木地師の里です。

木地師とは、木の器などを作る職人のことで、夏は木地師として山に入り、秋の収穫後から冬、そして春までは神楽団となって遠くは倉吉あたりまで庄屋さんの家などで神楽を披露してまわっていたそうです。

これは、冬の間の出稼ぎのようなもので、よその集落で神楽を披露することで食事が出る、家にいて米を食べないぶん家自体は食いぶちが減るのです。

続く秘訣は集落で取り組むこと

伝統芸能や郷土芸能は担い手の減少などによって、活動を停止する団体も多く、その保存と振興が課題となっています。

そんな中で下蚊屋荒神神楽保存会明神社では24歳の若者から70代まで活発に活動し、年間約10回の神楽公演をこなしています。

活発に続く秘訣を小椋会長に聞いてみました。

「集落でやるから続くんだ」

スポーツや趣味の活動では、車などの移動手段が発達した現在、いろんな場所から集まってきて活動をすることが多いのですが、それではダメだと小椋会長は言います。

「好きだからやるでは、好きじゃなくなったらやめてしまう。下蚊屋では集落で神楽に取り組むため、やるのが当たり前だ。だから続くんだ」

練習に出てこなかったら家まで呼びに行くと言うと、集まっているみなさんからどっと笑いがこぼれました。

昔は荒神神楽をやりたくても、一家の長男しかやることができなかったそうです。

練習の後の酒が大事

神楽の練習が終わると、みなで酒を飲みながら雑談をします。

これは遅いと12時を過ぎることもあります。

集落で行う下蚊屋荒神神楽は、歩いて帰れる距離の人が集まっているのですから、気楽に飲むことができます。

「若者と年寄りがなじむには酒が大事だ」

「酒が入るから遠慮なく話せることがある」

集落の結束が伝統芸能と酒で固まっているのです。

この日の宴も深夜まで続き、集落の中心にある社務所からは大きな笑い声がしていました。

伝統芸能が集落のコミュニティを形成する。

中山間地域のにぎわい作りに、郷土芸能や伝統芸能はとても大きな意味を持っていると感じました。

スポンサーサイト