【シェア歓迎】八幡神社正遷宮で平安時代の神像などが公開!これを逃すとあと50年は見られません【僧形八幡神像や女神像】

八幡神社内藤宮司の要請により告知します。

10/30(日)7時半より12時半頃まで、鳥取県米子市の八幡神社正遷宮祭が行われます。
鳥取県有数の大きさの社殿を持つ八幡神社には、全国に6例しか現存しない平安時代の蛙股や、僧形八幡神像を含む珍しい神像が32体も所蔵されています。

hachimansenguusai

正遷宮では神像や棟札を行列にして一般公開し、写真撮影も許可されます。
またお昼前には3000個もの餅まきが盛大に行われます。
稚児行列、児童による浦安の舞奉納、午後には神楽も奉納されます。

この正遷宮祭への参加は、氏子だけでなくどなたでも参加できます。服装については礼装が好ましいですが、とくに指定しないとのことなので、崇敬心を持った上で気軽に来ていただければとのことです。

地域の総社として崇敬を集めている八幡神社ですが、平成23年より大学教授などによる学術調査が入り、古文書や棟札の調査、平安時代の神像群の発見と研究が行われ、蛙股や女神像、狛犬などは科学的年代測定も行われ、平安時代まで遡ることが実証されています。

あまり知られていないのですが、千葉工業大学准教授の藤木竜也氏の研究( http://www.yonago8man.com/pdf_hankaku_eisuu_files_130505/16_munafuda_setsmeikai_fujiki_houkoku_130414.pdf )によると鳥取県は現存する神社の棟札の潜在数が日本一だそうで、この八幡神社にも73枚もの棟札が保管されています。その棟札の研究によると、源頼朝が鶴岡八幡宮の建立に際して「一国八社八幡宮」を勧請し、八幡神社が近隣の八社八幡宮の総社であったという。

また、この正遷宮祭の日を含めて一週間は、社殿のまわりに組まれた足場に登って、普段は間近で見ることができない県内有数の大きさの本殿大屋根や彫刻、そして宮板金の匠の技を眼前に見ることができます。

みなさま、この機会に是非、八幡神社にお越しください。

日時 平成28年10月30日(日)
場所 八幡神社境内(鳥取県米子市東八幡)

湯行の儀、本殿遷座仮殿祭、召立、御動座渡御行列、稚児行列、本殿遷座祭、例大祭、七五三祈願祭、記念写真撮影

11:00 本殿上棟祭(餅まき3000個、浦安の舞)
12:30頃 神楽奉納

なお、駐車場は河川敷ですが、できるだけ乗り合わせ等で台数を減らしていただくようお願いします。

大神楽映像DVD制作のためクラウドファンディングに挑戦します!

2016年11月3日(木・祝)に大山三宝荒神社大神楽を開催するわけですが、その日の神楽の映像を6時間まるごと収録した映像DVDを制作したいと思います。

それに先行して、クラウドファンディングに挑戦します。

支援していただいたみなさまには、リターン品として映像DVDだけでなくかぐけんオリジナルバッジや徳林亜美カレンダーなどのレアグッズも御用意させていただきました。

貴重な荒神神楽の映像を残すための取組みに、みなさまどうか御支援をよろしくお願いします。

詳しくはリンク先のページをお読みください。

どうぞ、よろしくお願いします!

sagarikaya_a4

NHK中国の朝の番組を見てください!

お知らせ♪

NHKのおはよう中国の中の備中神楽北山社とゲストハウスまつりを特集した番組に、徳林会長らも出演します

10月18日朝7時45分からです。

つまり明日の朝です。

みなさん、見てくださいね!

img_0314

11/20(日)出雲國風土記の旅 第三弾 再生神話巡りと出雲神楽の日帰りバスツアー

2016年11月20日(日)米子駅前だんだん広場発着の日帰りバスツアーで、出雲國風土記の旅の第三弾です!

a4_chirashi_tate_omote

a4_chirashi_tate_ura

今までの参加者の要望でバスツアーになりました!

神主が企画する神話巡りの体験型観光として人気を博してきた出雲國風土記の旅シリーズですが、これまでの参加者の「価格が高くなってもいいのでバスツアーにしてほしい」という声に、ついにバスツアーになりました。

それに伴い、JTB中国四国米子営業所からの募集となっています。


 

【問い合わせ・申込】
JTB中国四国 米子営業所
TEL:0859-33-5466
FAX:0859-34-0171
yonago_dantai@cs.jtb.jp
担当:松谷 陰山
営業時間9:30~17:30(土日祝日休業)


 

神主の企画ではじまった「宮司と巡る出雲國風土記の旅」が、ついに本格的なバスツアーになったのです。

D8K_6215

今回も宮司の案内で古代出雲の地を巡りますが、徳林会長ももちろん同行します!

『大国主命の伝承地を巡る日帰りバスツアー』

☆再生神話歩きと出雲國風土記さいしょの条「母里(もり)」
☆出雲式祭典と玉串奉奠を体験
☆西八幡宮境内でかがり火を焚き桧舞台で出雲神楽奉納

前回はFB告知一発で定員オーバーしたという「宮司と巡る出雲國風土記の旅」の3回目です。
参加者のみなさまの要望に応え、今回はJTB様と連携した大型バスツアー(定員40名)となりました。
米子駅前だんだん広場発着で、県外からの方も参加しやすくなっています。

☆1300年以上前の神話の地を歩く

tema

古事記の大国主命再生神話の地、鳥取県西伯郡南部町で、手間山のふもと、赤猪岩神社、赤子岩、清水井、清水川神社を宮司のガイドと案内で歩きます。

ak01

03

出雲國風土記で大国主命が「守る」と宣言した故事から母里(もり)となった島根県安来市伯太町母里で、大国主命が青垣を巡らせた出雲の地と表現した青垣山に鎮座する青垣神社に参拝します。

02

豪華寿司弁当を古民家でいただく

城下町母里の古民家「奥野邸」に移動して昼食です。

sushi

前回、大好評だった寿司弁当をさらにパワーアップした豪華寿司弁当をいただきながら、安来市観光ボランティアガイドの方に、母里の昔話を聞きます。

出雲式祭典と玉串奉奠を体験

西八幡宮に移動し、神社の拝殿に昇殿して、龍笛と太鼓の奏楽とともに出雲式祭典に参列し、玉串奉奠を体験します。

これらの作法などについては、その都度、宮司より指導がありますので、ご安心ください。

nishihachiman

また、参拝する神社では、資料だけでなく御朱印や関札も授与されます。

神話の地で観る出雲神楽

境内に特設された12畳の桧舞台で、かがり火が揺れる中の出雲神楽観賞です。ツアー参加者のみなさまには、正面に椅子を設置して特等席を御用意させていただきます。

sankan2

出雲市無形民俗文化財である阿宮(あぐ)神能は、奏楽もにぎやかで衣裳も華やかなこの地方独特の神楽です。

場の一切を祓い清める「塩清目」、八幡宮の御祭神である神功皇后や武内宿禰が海を渡り、韓半島で百済、新羅、高句麗を征伐する演目「三韓」では、巨大な面をつけた鬼が暴れまわり、激しい戦いが繰り広げられます。戦後の一時期は禁止されていたという演目ですが、神楽としてお楽しみください。
そして、タケミカヅチノミコトが国譲りの使者として天降り、出雲最強の武神であるタケミナカタノミコトと激しく戦う「荒神」の三演目をおよそ一時間半ご覧戴きます。

600年の家系ですら「新参者」と呼ばれてしまう神話の古都「古代出雲意宇(おう)郡」を宮司の案内で巡る特別な体験です。定員40名限定ですので、お早めにお申込ください。

バス送迎でいろいろついて破格の9500円!

大型バス送迎、宮司の案内による再生神話巡り、神社の御朱印やお札、古民家での昼食、出雲式祭典初穂料、玉串料、出雲神楽「阿宮神能」特等席観賞料、これらが全部ひっくるめて破格の9500円です。

限定40名様ですので、みなさまお早めにお申込ください!

わたしたちといっしょに古代出雲を巡りましょう!

daikoku


 

【問い合わせ・申込】
JTB中国四国 米子営業所
TEL:0859-33-5466
FAX:0859-34-0171
yonago_dantai@cs.jtb.jp
担当:松谷 陰山
営業時間9:30~17:30(土日祝日休業)


 

a4_chirashi_tate_omote

10/9(日)所子賀茂神社例祭で神楽!餅まきもありますよ!

 

%e8%b3%80%e8%8c%82%e7%a5%9e%e7%a4%be%e7%a5%ad%e3%82%8a%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 

賀茂神社秋季例大祭
隋神門竣工祝賀行事

平成28年10月9日(日)
鳥取県西伯郡大山町所子107番地

<日程>
午前10~11時
祝賀祈念
(氏子入り・紐落・還暦等)

午後14時~
祭典(浦安の舞奉納)
随神門竣工祝賀行事
・神楽奉納
 鳥取荒神神楽研究会神楽団
・祝賀餅まき

賀茂神社由緒

創立年代不詳。古来賀茂大明神と号し、神田等数石あったとされ現在も神田という地名が残るが、古文書等は文禄年中(1592~1596年)に焼失した。
明治初年に賀茂神社と改称したが、この時境内社末社熊野権現(イザナギノミコト・イザナミノミコト)、鷺大明神(稲背脛命)を合祀した。
明治42年に所子の糺神社(もと糺大明神、末社9社)を合併、大正5年に神原の村社熊野神社を合併、大正6年に福男の村社杉谷神社(大己貴命、少彦名命)、福尾神社(弁財天、倉稲魂命、厳島姫命)、上野の稲荷神社、平木の平木神社(もと若宮八幡、天神)を合併した。
神原、平木、所子、上野、福尾、栄、各集落の氏神である。


 

14時から神楽を舞いますし、その後に餅まきもありますので、みなさんどうぞお越しください。