大神山神社奥宮春期例祭で神楽を奉納しました

2016年5月24日(土)大神山神社奥宮で行われた春期例大祭にて、神楽奉納をさせていただきました。

12

霊峰伯耆大山は、鳥取県西部の最高峰です。

01

その伯耆大山の中腹に、大神山神社奥宮があります。

05

日本最大級の権現造りで、左右に翼殿が広がっています。

02

神事の中で舞を奉納させていただきました。

03

04

巨大な神輿、大きな絵がたくさん奉納されています。

06

午後には神社裏の境内で、舞を奉させていただきました。

07

そして、本殿横から神職さんたちによる餅まきが行われました。

08

09

大神山神社奥宮では、毎年この日に例大祭が行われ、午後から餅まきが行われます。

11

みなさんも福迎餅を授かりに来て下さい。

高橋宮司をはじめ、神職のみなさま、氏子のみなさま、参集されていたみなさま、本当にありがとうございました。

第三回清水井古代米田植えフェスタが行われました

鳥取県西伯郡南部町清水川には、古事記に「伯耆の国の手間の山本」と記され、大国主命を蘇生復活させた薬を練ったと伝わる泉「清水井」があります。

その清水井の水が流れ込む田で、古代米の田植えイベントが行われました。simizuitaueオープニングは和太鼓

イベントのオープニングは伯耆町のプロ芸能集団「和楽衣箱(わらいばこ)」による全国各地の和太鼓の演奏でした。

11

素晴らしい芸能に盛り上がりました。

神楽と苗まき

08

柏平副会長による曲舞が舞われました。

09

10

にぎやかにお菓子をまいて、それから田に苗を投げ込みました。

04

そして手植えによる田植えです。

人数が多かったこともあり、一時間ほどで田植えは終わりました。

06

01

そしてイベントが終わると直会です。

スタッフや大学生などでご馳走を食べました。

03

鳥取荒神神楽研究会から鯛の差し入れ、大きな鯛を刺身にしました。

02

この日の様子は、中海テレビのニュースで放送されました。

夏は草取り、秋には稲刈りイベントがあります。

みなさん、お楽しみに!

 

5/24(火)大神山神社奥宮春季例大祭で神楽を舞います

2016年5月24日(火)お昼頃に、大神山神社奥宮にて神楽を舞わせていただきます。

大神山神社奥宮

偉大な神のおわす山、大神岳(おおかみのたけ)、古代の人々は大山のことをそう呼んで敬いました。

その大山信仰の中心が古代より連綿と続く大神山神社です。

04

大神山神社奥宮の御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)で、大国主神のお若いときの御名前です。

古事記、日本書紀、出雲国風土記等に多くの神話・伝説を示す御神徳を持ち、とくに国造りをされたことから、産業発展、五穀豊穣、牛馬畜産、医薬療法、邪気退散の神として有名です。

12

01

春季例大祭

その大神山神社の春季例大祭にて、鳥取荒神神楽研究会の神楽を奉納させていただきます。

11

神楽はお昼頃!

神楽奉納は12時頃からの散餅(さんぺい・餅まき)の前に行います。

03

お昼には福餅がまかれます!

12時頃よりの福招散餅(餅まき)の前に、この下で神楽を舞います。

餅まき1昨年の様子です。

本殿から神職が餅をまきます。

お昼前に大神山神社奥宮にお越しいただくと、神楽と餅まきがあります。

餅まき2

古来より鎮座するお社です。

崇敬心を持ってお参りください。

 

 

第三回清水井古代米田植えフェスタ開催のお知らせ

大国主命再生復活の水で古代米栽培

毎年好評の清水井古代米田植えですが、第三回が2016年5月22日(日)に開催されます。

simizuitaue

《問い合わせ・申込》
清水川農事生産組合
090-9467-3921 しょうくら

女神の力と清水井の水で大国主命が蘇った!

tema

古事記に「伯耆の国の手間の山本」とある地、南部町の清水川には、やけどで絶命した大国主命が三人の女神の力で再生復活したという伝説があります。
その大国主命を治した薬を練ったと伝わる水が清水井です。

清水井

その清水井の水が最初に流れ込む田で、古代米の田植えをします。
手植えによる田植え体験、そして和太鼓の演奏、五穀豊穣を願う大国主命の神楽と縁結びの福の種授け、飲食バザーもあります。

田植えをしない方も見物に来て下さい!

▼昨年度からの詳しい取組み内容はこちら

日付:2016年5月22日(日)
集合:鳥取県西伯郡南部町清水川バス停に9:30
料金:参加無料・雨天決行

9:30 受付開始・挨拶
10:00 和太鼓演奏
10:30 荒神神楽
10:30 飲食バザー開始
11:00 田植え(希望者のみ)
13:00 飲食バザー終了
13:00 再生神話歩き(赤子岩→清水井→清水川神社)

※田植えをする方は、田植えができる服装で来て下さい。
※近くにある清水川公民館の水道で手足を洗えます。
※田植えに参加された方にはふるまいがあります。
※飲食バザーは、五穀米カレーや焼きそば、コーヒー・ジュース、南部町特産品販売などです。

主催:清水川農事生産組合

《問い合わせ・申込》
清水川農事生産組合
090-9467-3921 しょうくら

みなさん、是非来て下さいね!

なんぶ神話ガイドの再生神話歩き

shimizui

田植えの後に13時から開催します!

田植えに参加していない方も、このガイド歩きからでも参加できます。

受付は13時になるまで随時行っていますので、清水井田植え会場の清水川公民館前にお越し下さい!

赤子岩、清水井、清水川神社をガイド付きで歩く一時間のコースです。

※軽い山登りがありますので、歩きやすい服装と靴でご参加ください。

大国主命の縁結び神楽

kagura

鳥取荒神神楽研究会神楽団による大国主命の縁結び神楽と福の種授けがあります。

手植えによる田植え

taue2

みなさんが毎日食べているお米ですが、田植えを体験することでさらにおいしく食べられるようになりますよ!

※いつもしている方も来て下さい!
※田植えをしない方も遊びに来て下さい!

飲食バザーとおいしい五穀米

gokokumai

会場では、五穀米カレーや焼きそば、コーヒーなどの飲料、さまざまな飲食バザーが行われます。

清水川のお米は特別栽培米でとってもおいしいですよ!

日本海新聞でも大きな記事に!

nihonkai201505092

昨年の日本海新聞一面トップ記事として大きく扱っていただきました。

nihonkai20150509

徳林会長のコメントと写真も掲載されています。

5月22日(日)は清水川にお越し下さい!

《問い合わせ・申込》
清水川農事生産組合
090-9467-3921 しょうくら