日本人と祭りの考察「気枯れを祓う祭り」は現代の野外ライブや格闘技イベントにも通じるのか?

日本人と祭り

古代の人々は、生命の根源が神であると考えた。
加齢により生命の気が枯れて消耗することで死に至ると考えられ、その気枯れ(穢れ)を祓うための鎮魂(みたましずめ)は原初の神楽のひとつと言えるだろう。

その鎮魂は、神座(かみくら)を設けて神を降ろし、消耗した生命の根源の気枯れを祓うものだった。

人の身に神を降ろすため、神が依りつきやすいとされる榊などの採物を手に持ち、回って回り返し、飛び跳ねて舞い神懸かる神遊びが神楽だったのだ。

現代人の我々も基本的には変わっていない。
仕事や学校などの日常生活を続けることで消耗する疲れは、気枯れと呼んでいいだろう。
それは単純に体を休めるだけでは回復しないので、祭りによる気晴らしによって回復させる必要があるのだ。

たとえば何万人も集まるようなアーティストの野外コンサートや、格闘技のイベントなども、そういった祭りだと言えるだろう。
古代の神祭りが、現代では形を変えて多様化しているだけなのだ。

小さなところでは、カラオケに行ったり、お酒を飲みに行くことも気枯れを祓う気晴らしになっている。

古代ではこれが集落や部族などの単位で、神社の祭りとして統制されて行われてきたのだ。

村のみんなが同じように農作業をし、農閑期にみんなで祭りをする。
山の民には山の民の祭りがあり、人は土地で生産して土地に感謝して生きてきたのだ。

こういったことは、高度経済成長によって土地に左右されない仕事が増え、生活や価値観が多様化したためにわかりにくくなっている。

しかし、土地の恵みに生かされる部族単位で生きてきた日本人が、そのことに感謝する気持ちを形にして、さらに非日常的な宴で気枯れを祓い活力を得るのが祭りなのだ。

現在、こうした祭りは急速に廃れていっている。
日本の祭りは、継承していくべき重要な文化だということを、みなさんも考えてみてほしい。

DCS_4498

写真:鳥取県西伯郡南部町 天萬神社夏祭り
撮影:河合勝齋