2016新年とっとり花回廊で神楽を舞いました

2016年1月2日、鳥取県西伯郡伯耆町と南部町に跨る広大な敷地の日本最大級のフラワーパーク「とっとり花回廊」で、新年の神楽を舞いました。

これは昨年に続いて二度目となります。

大神山神社と宗形神社に参拝し、イオン米子駅前店で下蚊屋荒神神楽保存会明神社の神楽を堪能したわたしたちは、18時半の公演に向けてとっとり花回廊に入りました。

公演時間まではチラシ配り

014

とっとり花回廊はたくさんの人です。

せっかくなので許可をいただいて、2016年の神楽体験会のチラシ配りをさせていただきました。

2016daikoku

公演時間が近づきました。

とっとり花回廊の中心にあるフラワードームは、二階までびっしりの人で埋まっていました。

016

右上に背中が見える黄色い二人は、とっとり花回廊のマスコットキャラクターのピロロとポロロです。

015

茣蓙を敷いて舞うのですが、そのまわりをびっしりと人が取り囲みました。

事代主命が鯛を釣る

024

まずは事代主命が舞い出します。

これは国譲りという演目の一場面で、事代主命が島根県美保関町の浜沖で鯛を釣る様子を神楽舞にしたものです。

事代主命は歌います。

「漁(すなどり)や 鳥の遊びも空晴れて 波風立たぬ今日の楽しさ」

鳥の遊びとは、鳥を捕る漁のことです。

軽快に跳びながら鯛を釣り上げると大きな拍手がありました。

大国主命の福の種

027

大国主命は治水を行い農耕や医療を広め、日本列島に豊葦原中津国(とよあしはらなかつくに)を打ち立てた国造りの大神です。

全国各地で祀られていて、島根県出雲市大社町の出雲大社(いずもおおやしろ)は有名です。

神楽では、荒地を耕して田を作り、稲作を広めて国を豊かにしていく様子が舞となっています。

023

「天地(あめつち)の広き荒野(かやの)を田となして くわのみほこや露の玉米(たまよね)」

そして、国中を見回って、家の竈(かまど)に火が入り豊かに暮らしているかを確かめます。竈に火が入っているということは、食べるものがあるということで、それを確かめるために国中を見回るのです。

これを「竈巡り(かまどめぐり)」の舞と言います。

福を授ける

竈巡りで人々が安心して暮らしているのを確かめると、大国主命はそれを祝って福の種を蒔きます。

「大国は万宝袋(まんぽうぶくろ)の紐解いて多くの産子に福を授くる」

ダンボール箱4つぶんのお菓子が蒔かれると、みなさん手をあげて受け取っておられました。

025

022

021

たくさんの人に喜んでいただいて、とてもよかったと思いました。

次は1月21日(木)に、皆生温泉東光園にて神楽ふれあい体験会です。

無料ですので、みなさん是非ご参加ください!

コメントを残す