鳥居龍蔵博士がアジア屈指の巨石遺構と発表した天宮さんをプレ調査しました!

2015年11月28日(土)鳥取県西伯郡南部町御内谷(みうちだに)の天宮(てんぐう)さんにて、全国イワクラ学会や地元住民などによる簡易調査が行われました。

巨石遺構群「天宮さん」

天宮さんは、大蔵山中腹の東側の斜面にある巨大な岩で、いくつかの大きな岩が組み合わさったものです。

金田熊野神社の奥宮の磐座(いわくら)として崇敬されており、現在も熊野神社宮司により祭祀が行われています。

この天宮さんを中心として、そのまわりに奇岩や巨岩が多く、明治期にこの地を訪れた人類学者の鳥居龍蔵博士は、この一帯がアジア屈指の巨石遺構であると新聞発表し、大正期から昭和のはじめ頃まで、多くの人が訪れました。

しかし、第二次世界大戦によって訪れる人が減り、今ではほとんど訪れる人はいません。

鳥取荒神神楽研究会では、何度かこの天宮さんに行くイベントを開催していて、そちらで詳しく紹介していますので、詳細は過去記事を参照してください。

全国イワクラ学会と地元住民による簡易調査

今回は、インターネットで天宮さんを知ったという全国イワクラ学会により、簡易調査を行うことになりました。

鳥取荒神神楽研究会は、コーディネーターとして、地元住民や地域振興協議会などを含めて、簡易調査に立会いました。

まずは熊野神社に参拝してから、天宮さんのある御内谷の公民館に集合しました。

02

あいさつと自己紹介をして、資料が配られ、天宮さんに登るため移動しました。

天宮さんに登る

天宮さんは、わかりにくい場所にあります。

今回は地元のみなさんが一緒なので安心です。

04

これは鳥居龍蔵博士が調査したときの調査隊のスケッチですが、今回はこういったものが現在も存在しているのかの確認を行います。

中央の「天宮神」というのが天宮さんです。

03

落ち葉の積もる山道を登ります。

04

15分ほど登ると東側の斜面に出るのですが、そこは霊峰伯耆大山に面しています。

05

この日は雲で隠れていました。

下の写真は四月に登ったときのものですが、本来はこんな感じです。

03

そして東側の斜面を登ります。

06

約30分で天宮さんに着きます。

07

08

巨大な岩が組み合わさって天宮さんになっています。

下のほうはかなり埋まってしまっています。

地元古老の話によると、昭和のはじめ頃までは、山も綺麗でもっとたくさんの石が見えたとのことです。

13

徳林会長と比べると、その大きさがわかると思います。

この方向が霊峰伯耆大山のある東を指していて、後ろに向かって西へ行くと、島根県安来市伯太のイザナミ御陵伝承地である比婆山久米神社の方向になるようです。

直線に並ぶのは、なにか関係があるのかもしれません。

10

イワクラ学会の方が五名で調査されましたが、天宮さん右側のこの三つの三角岩は、それぞれが夏至などの日の出の方向になっているとのことです。

近くにある岩と結ぶ線が、東西や南北のラインになったり、偶然というにはできすぎているような符号がたくさんあるとのことでした。

09

右下から見上げた天宮さん。

また、天宮さんを中心として、山全体に天空の星を再現しているのではないかという推測もされました。

天宮さんはカレンダーの機能もあるのではないかということです。

また、天宮さんの上にある大岩から、天宮さんに向かって目が彫ってあるのではないかという指摘もありました。

およそ二時間調査をして下山しました。

14

ふたたび公民館に集まり、調査結果の報告と意見交換会が行われました。

イワクラ学会副会長の柳原さんをはじめとしたみなさんが、それぞれの見解を発表しました。

天宮さんが人工物か自然のものかは判断ができないが、山全体にこれほどの規模で奇岩や巨岩があるのは、とても珍しいとのことでした。

イワクラ学会では、縄文時代から弥生時代のはじめ頃までをイワクラの時代と定義していて、天宮さんは大いに可能性があるとのことです。

まずは木を切ったり、崩れている土砂を取り除いて、山全体のどこにどんな岩があるのか図面に起こすことが必要だと提案されました。

また、鳥居龍蔵博士の調査資料の再確認、そして、周辺の縄文から弥生時代の遺跡などの分布を調べ、天宮さんとの関連を考察することも意味があるそうです。

そして、天宮さんなどと関連した祭りや祭祀が行われているのかどうか、過去の記録なども含めて調べてほしいとのことでした。

今回のプレ調査の結果、天宮さんの調査の必要性が高まったということで、来年の春に、さらに調査をする方向で進めていくことになりました。

地元の御内谷集落では、この調査結果を受けて、天宮さんをどのように位置づけていくのか、活用策なども含めて地元住民の意志を統一し、合意形成していくことになりました。

木の伐採などは専門家に委託しないと難しいですし、費用などの問題もありますが、天宮さんの価値が高まったことで、挑戦する意義も高まりました。

その後は、地元でそばを手打ちにしてみんなで食べました。

16

15

 来年の春に調査します!

天宮さんについては、来年の春に調査を行います。

木を切ったり土を掘ったり草を刈ったり、さまざまな作業が必要になってきます。

 

その際は、みなさんよろしくお願いします!

11

そして、天宮さんに行ってみたいという方は、あいみ富有の里地域振興協議会の中井さんに電話してみてください。

資料をもらえたり、案内してもらえるかもしれません!

 

11/29(日)宮司と巡る出雲國風土記「女神イザナミとオホナムチ神」開催のお知らせ

2015年11月29日(日)島根県安来市伯太町にて、宮司とともに出雲國風土記の伝承地を巡るイベントを開催します。

出雲國風土記の旅チラシ4

1300年前に編纂された郷土史である風土記、全国で唯一完全な形で残っている「出雲國風土記」

その最初に記されるのが、意宇郡(おうぐん)母里(もり)です。

所造天下大神大穴持命(あめのしたつくらししおおかみおおあなもちのみこと)は、出雲國を造った大国主命の別名とされています。

その大国主命が、我が守ると宣誓したことから、守るが「母里(もり)」に転化したのが島根県安来市伯太町母里です。

はじまりの国である出雲、その出雲國風土記の最初に記されるということは、どんな意味があるのでしょうか?

今回は、地元の神主さんや研究者の協力のもと、オホナモチ神(大穴持神・大国主命)と、日本の国を生んだ女神であるイザナミの伝承地をガイド付きで巡ります。

日付:2015年11月29日(日)10:30~15:00
集合:10:30 安来市役所伯太庁舎駐車場
料金:1000円
※昼食は別途実費です。
※移動はそれぞれ自家用車となります。(乗り合わせをします。)
※30~40分程度の山歩きがありますので、山歩きが可能な服装で参加してください。

主催:出雲國風土記の旅実行委員会

《日程》
集合→青垣神社→玉神社→昼食→比婆山久米神社(片道30~40分程度の山歩きがあります。)→解散

☆オホナムチ神が守ると宣誓

国譲り後も我が国として守ると宣誓された青垣山と水取りの玉の伝説

☆イザナミ御陵伝説の比婆山

古事記では、女神イザナミは出雲と伯耆の国境にある比婆山に葬られたとされています。
その比婆山は、山全体が磐座(いわくら)ともいえる不思議な山で、山頂にはここにしか生えないという陰陽竹など、不思議なものがあります。

今回巡る地は、聖地として大事にされてきた場所です。
観光地ではありません。

宮司さんの指導のもと、聖地をガイド付きで巡ることができる貴重な体験となります。

みなさま、この機会に是非、ご参加ください。

・facebookからのお申し込みはこちら
https://www.facebook.com/events/1540517596238576/

・メールでのお問い合わせはこちら
kaguken0211j@sea.chukai.ne.jp

・電話でのお問い合わせはこちら

出雲國風土記の旅実行委員会事務局
090-1331-6348 とくばやし

出雲國風土記の旅チラシ4

大神山神社奥宮の注連縄張りが行われました

2015年11月14日(土)朝9時より、大神山神社奥宮にて注連縄の張替え作業が行われました。

崇敬者として声をかけていただいて、徳林会長や直也メンバー等が崇敬者のみなさまとともに参加させていただきました。

14

15

大神山神社奥宮は、霊峰伯耆大山の中腹に鎮座まします伯耆二宮です。

春の例大祭や古式祭もひとり神事では、神楽も舞わせていただいています。

15

【写真】古式祭もひとり神事での神楽の様子

神木の注連縄をなう予定が・・・

今回は神木の注連縄をなって、それを張る作業の予定でしたが、思ったよりも人数が多くなったということで、神社各所の注連縄の張替えと、境内の清掃を行うことになりました。

徳林会長は清掃班、直也メンバーは注連縄張替え作業班となりました。

落ち葉の片付けはエンドレス

09

神木のまわりから清掃をはじめました。

国立公園である大山の中腹にある大神山神社奥宮は、巨木の生い茂る山中なので、落ち葉がすごいです。

08

ご神木のある場所には、山王社があったそうです。

四時間の清掃作業で神社のまわりもきれいになりました。

注連縄の張替え

神社はもちろん、境内社や神門などの注連縄の張替えが行われました。

11

直也メンバーも脚立に上ってがんばりました。

12

大神山神社奥宮は、権現造りで左右に翼殿が張り出す独特の形です。

注連縄をなう

午後からはついに注連縄をなう作業です。

藁を叩いてやわらかくして、さらに一本一本外の皮を剥いて、藁をきれいに磨いていきます。

07

06

宮司の指導のもと、注連縄をなう作業です。

05

とてもうまくできました。

神木に注連縄を張る

予定時間を一時間ほどオーバーしましたが、立派な注連縄ができました。

それを神木に張ります。

04

一年間もつようにしっかりと留めます。

03

紙垂(しで)をとりつけます。

01

紙垂(しで)とは、注連縄や玉串、御幣などにつけて垂らす特殊な折方をした紙です。

13

神楽の岩戸の演目でも語られますが、古事記の天の岩戸神話で、天照大神に岩戸から出てきていただくために、岩戸の前で枝に下げた「白丹寸手(しらにきて)」「青丹寸手(あをにきて)」がはじまりとされています。

古くは木綿(ゆう)が用いられていましたが、現在では紙を用いるのが一般的です。

その形状は雷光・稲妻をイメージし、落雷があると稲が育ち豊作だということ、その威光で邪悪なものを追い払う意味があります。

注連縄に垂らす場合は、神域の印となります。

02

できました!

みなさんも大神山神社奥宮にお参りください!

 

日本海テレビニュースeveryで鳥取荒神神楽研究会が紹介されました!

2015年11月12日(木)日本海テレビの夕方のニュース番組「every」で、鳥取荒神神楽研究会の活動が放送されました。

03

02

05

04

わたしたちの師匠である鳥取県日野郡江府町下蚊屋(さがりかや)の荒神神楽保存会明神社や、岡山県井原市の備中神楽北山神能社の貴重な神楽映像も紹介されています。

7分ほどの番組ですが、どうぞ映像でご覧下さい!

 

11/15(日)皆生海浜公園での神楽公演についてのお知らせ

日本海テレビのニュース番組での鳥取荒神神楽研究会の紹介の最後に「日曜の13時から皆生(かいけ)で神楽です」と紹介がありましたが、お問い合わせがありましたので、イベントと神楽についてお知らせさせていただきます。

神楽公演について

2015年11月15日(日)に、皆生海浜公園にて、13時以降に予定されています。
わっしょい山陰さんという団体の、ゴミ拾いボランティアの後のアトラクションとしての実施ですが、一般の方も見ていただけます。

その際は、イベントに配慮しながらご観覧ください。

01

写真:第一回の様子 皆生海浜公園

ゴミ拾いボランティアについて

わっしょい山陰さんの、【PYU-ぴゅう-】第3回わっしょい山陰☆ポイ捨て・やめよっか・運動【ゴミ拾い】というイベントです。

主催団体の要請において、神楽を舞わせていただきます。

イベント自体につきましては、オープン参加できるボランティア活動とのことですので、主催団体にお問い合わせください。

下記のページに詳細案内があります。

https://www.facebook.com/events/1507542829568714/

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

青垣神社での神楽が山陰中央新報に掲載されました!

2015年11月11日(水)の山陰中央新報朝刊に鳥取荒神神楽研究会の記事が掲載されました。

山陰中央新報20151111

10月4日(土)に島根県安来市伯太町母里(もり)の青垣神社で神楽を舞ったことなどについて、カラー写真付きで大きく掲載されました。

ao10

境内には100人以上の人が集まりました。

11

子ども神社体験の一環としての神楽でしたが、氏子の方などにも喜んでいただくことができました。

04

女の子には巫女体験もありました。

ao06

ao04

記事を書いてくださった記者さん、企画した西八幡宮の宮廻禰宜、母里氏子青年会のみなさま、本当にありがとうございました!

《予告》11/12(木)18:15~日本海テレビで放送されます!

鳥取荒神神楽研究会と神楽団について、日本海テレビの取材を受けていたのですが、11月12日(木)の18:15分からのニュース内で放送されます。

稽古場での取材、そして8日のイベントでの撮影が、どのような内容で放送されるのか!?

みなさん、是非とも日本海テレビをご覧下さい!

kaguken

クラウドファンディング209%達成しました!

2015年9月17日より挑戦していたクラウドファンディングですが、50万円の目標に対して209%の104万8000円のご支援をいただくことができました。

⇒17日の挑戦の決意表明記事

支援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。

01

期限まで残り半月で40万足らずの66%だったときは、本当に達成できるのかどうか不安になりました。

しかし、みんなで協力してチラシを配ったり、イベントや会議などでPRさせていただきました。

01

SNSでの投稿でも、うざいくらいのPRでしたが、本当に必死だったということでご容赦ください。

なにせ、目標達成できなかったら全額返金で、支援していただいた方々の気持ちが無になるのです。

そのプレッシャーはものすごかったです。

今回の挑戦は、とても勉強になりました。

クラウドファンディングは、上手に活用すれば、とてもよい手法だと思いました。

支援していただいたみなさま、協力していただいたみなさま、応援していただいたみなさま、本当にありがとうございました。