幡屋神社例大祭の佐世神楽を視察しました!

2015年10月10日(土)島根県雲南市大東町の幡屋神社で行われた例大祭に宮司よりご招待いただき、佐世神楽社中の神楽を視察させていただきました。

七座神事と神能

出雲神楽の素晴らしい舞を堪能させていただきました。

01

かがり火が焚かれ、幻想的な雰囲気の中で、素晴らしい神楽が舞われました。

神能 茅の輪

茅の輪の演目は、全国の神社で行われる茅の輪神事のもとになった神話です。

暴風雨に襲われた素戔嗚尊(すさのおのみこと)が、村の主に一夜の宿を求めました。主である巨旦将来(こたんしょうらい)は、大富豪でしたが一言で断りました。

chinowa02

【写真】富豪の巨旦将来

次に宿を求めた相手の蘇民将来(そみんしょうらい)は、貧しい人でしたがあたたかくおもてなしになりました。

次の日の出立のとき、素戔嗚尊は蘇民将来に茅の輪を授け、家の間口に掲げれば、いかなる禍も必ず退散するであろうと告げました。

chinowa01【写真】茅の輪を授ける素戔嗚尊 撮影:河合勝齋

やがて、禍津日神(まがつひのかみ)という疫病神によって疫病が流行り、巨旦将来はこの疫病で滅びましたが、蘇民将来は茅の輪によってこれをのがれ、子孫末代まで栄えたという神楽です。

chinowa03
【写真】疫病神が巨旦将来を滅ぼす

この茅の輪の演目は、困った人には親切にしようという訓示を含んでいます。

神能 八戸(やと)

yato03

八戸(やと)は、スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治してイナタヒメを救う英雄譚です。

yato06

yato05

yato04

yato01

yato02sasenoki

幡屋神社で行われた佐世神楽は、とても素晴らしいものでした。

 

 

コメントを残す