母里の子プロジェクトで子ども達の前で神楽を舞いました!

2015年10月4日(日)島根県安来市伯太町母里(もり)の西八幡宮と青垣神社で、母里氏子青年会主催の母里の子プロジェクト「子ども神社体験会」が開催されました。

新聞記事

前日には地元ケーブルテレビでの告知放送、当日の朝には新聞に告知記事が掲載されました。

想定以上のにぎわい

02

集合場所は西八幡宮です。

開始時間になると、ぞろぞろと子ども達が集まり始めました。

15

神社体験として、まずは神社の各所の名称の説明です。

14

西八幡宮の宮廻(みやざこ)禰宜が、子ども達にわかりやすい言葉で、本殿などの説明をしました。

13

親子や一般参加者含めて50人以上が真剣に聞いています。

11

拝殿に上がり、装束や参拝の仕方を教わりました。

09

座ったままの参拝の作法を教わり、それを実践しました。

氏子の方も「これは勉強になるなあ」と感心していました。

神主・巫女を体験しました!

08

子ども達に神主と巫女の衣裳を着てもらう体験をしました。

また、太鼓を叩く体験も同時に行われました。

04

徳林会長と柏平副会長は、巫女装束の着付けをしました。

06

恥ずかしがっていた女の子たちも、装束を着ると引き締まった表情です。

可愛い巫女さんたちにお父さんお母さんもうれしそうでした。

12

大国主命が守ると宣言した伝承地

子ども神社体験会開始から一時間で、次の体験場所である青垣神社に移動しました。

01

青垣神社は地域でもっとも古いと伝わる神社です。

ao11

地元の方や神楽を見に来られた方も含めて、100名以上になりました。

慌てて敷物を追加しました。

ao12

境内に人がいっぱいです。

ao10

事代主命が舞い出すと拍手喝采。

子ども達も興味深そうに見入っています。

ao09

ao08

「出雲なる青垣山のふもとより神風吹けば涼しかるらん」

大国主命が舞いだすと割れんばかりの拍手です。

日野荒神神楽の歌にある青垣山のふもと、それはこの場所なのですから、すごい場所で神楽を舞わせていただきました。

そしてお待ちかねの福の種です。

ao07

福の神からの福授け、前に出て餅やお菓子を受け取ります。

ao06

大黒様と恵比寿様、そして母里氏子青年会の二人でにぎやかに餅やお菓子をまきました。

ao05

ao04

子ども達も大喜びです。

よいものを見せてもらったと氏子のみなさんも喜んでいました。

西八幡宮に浦安の舞を奉納

子ども神社体験会が終わった後に、西八幡宮にて浦安の舞を奉納させていただきました。

ura02

柏平副会長が舞いました。

ura03

子ども達に神社を体験してもらおうという母里氏子青年会の企画でしたが、大盛況で大成功でした。

関係者のみなさま、お疲れ様でした。

コメントを残す