広島県神社庁研修所で神前神楽舞「浦安の舞」講習会を受講しました

浦安の舞修了証

2015年8月20日(木)広島県神社庁研修所主催の神前神楽舞「浦安の舞」講習会に参加させていただきました。

終戦70周年という区切りの年、そして8月20日は、広島市で集中豪雨による土砂災害により多くの犠牲者を出した日でした。

浦安の舞は神慮を和め奉るとともに、平和を祈る舞です。

この講習会は、管内神職、巫女等の宮司が推挙する者で審査を通った者だけが参加できるという貴重な講習会であり、そこに参加させていただくことに、感謝と緊張の気持ちで開講式を迎えました。

挨拶があり、君が代の斉唱が行われました。

祭祀舞講師は横田欣子様、講師補に渡部悦子様、所瑤子様です。

服装は白衣に緋袴か白袴、足袋で、今回は鈴舞の研修ですので、執物(手に持つ物)は鈴です。

今回は60名弱の参加で、伯耆町や江府町の神職の方、広島は厳島神社の巫女の方などがおられました。

浦安の舞のうたの説明があり、そして舞の指導がありました。
拍子に合わせてひとつひとつの所作の確認、舞の流れを丁寧におしえていただくことができました。

また、舞に際しての心構えや考え方として、浦安の舞を舞うということは、神職に選ばれ、祀りに選ばれ、氏子に選ばれ、つまり神に選ばれる特別なことであり、舞う時には普段の自分ではなく、神前の舞姫として舞うようにとおしえていただきました。

昼食を挟んで夕方まで、しっかりとおしえていただき、閉会行事で修了証をいただき貴重な講習会を終えることができました。

舞については、とても勉強になりました。

また、心構えとして、手足を動かすだけならそれは運動であり、神を敬う心を持って行うことで神前神楽舞となる、当たり前のことですが、それを強く実感させていただける、とてもありがたい講習会となりました。

みなさま、ありがとうございました。

FB4000いいね記念フェスタを開催しました!

2015年8月16日(日)鳥取荒神神楽研究会のfacebookページへの「いいね」が4000件を超えたことを記念して、記念フェスタを開催しました。

場所は鳥取県西伯郡南部町の緑水湖畔にある森の学校です。

08

今回のイベントは流しそうめんとおにぎりを、かぐけんメンバーと参加者がともに準備して食べるというもので、参加費無料で開催しました。

07

南部町の竹細工名人である遠藤忠明さんの指導で、竹を切り出すところからはじまり、流しそうめんの準備と、器や箸も作りました。

おにぎりもにぎりました。

06

そして流しそうめんです。

01

大人も子供も喜んでいました。

05

かぐけんの自己紹介タイム、いつものとおり、華麗にすべっています。

じゃんけん大会では、Tシャツや本など、豪華景品に盛り上がりました。

03

南部町の新鮮野菜のお土産もありました。

そして、ついに神楽です。

04

tago1

02

事代主命と大国主命、七福神でいうところの恵比寿大黒です。

ありがたい神様の舞いと、縁結びの福の種まきに、参加者のみなさんも大喜びでした。

アクシデトもふんだんにありましたが、予定時刻にきちんと終了することができたのは、参加者のみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました。

かぐけんFBページは次は5000いいねを目指しますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

keijinsuuso

 

 

8/16(日)かぐけんFBいいね4000記念ファン感謝フェスティバルを開催します!

鳥取荒神神楽研究会のfacebookページへの「いいね」が4000になったことを記念して、ファンのみなさまへ感謝するイベントを開催します。

豪華景品の抽選会や、飲食など無料の感謝イベントですので、みなさまどうぞご参加ください!

m6

そして松江城国宝おめでとうございます!

南部町森の学校で8月16日(日)11時より開催

日時:8月16日(日)11時~14時

場所:鳥取県西伯郡南部町 森の学校

料金:無料

→参加申込みはこちらから

DSC_6269

kiri

竹を組むところからの流しそうめん

猛暑で夏ばての方もおられると思います。

ということで青竹を組んで、流しそうめんをします!

01

※写真は岸本神社夏祭りの流しそうめんの様子

かぐけんメンバーが握るおにぎり!

そして、徳林会長はもちろん、景山ムル、直也メンバー、真也メンバー、伊達くんがおにぎりを握ります!

DSC_6267

おにぎりの具は、ハッチメンバー特選の海鮮です!

豪華景品のじゃんけん大会

今回のかぐけんFB4000いいねに、各方面から協賛が集まっています。

keijinsuuso

敬神崇祖 母里氏子青年会Tシャツ・・・3名様

出雲國風土記で、大国主命が最後まで守ると宣言した地、島根県安来市母里(もり)の母里氏子青年会のオリジナルTシャツです。

徳林会長がよく着ています!

シルクロード

シルクロード悠々記

仲佐修一さんが20代でシルクロードに挑んだ記録です。

saketanbou

とっとり酒探訪・しまね酒探訪

フリーアナウンサーで山陰を代表するきき酒師である石原美和さんの日本酒ガイドブックです。

yamaha

PMSフェスティバル招待券・・・3名様

かぐけん伊達メンバーも出演する音楽会の招待券です。

nori

韓国海苔・水冷麺

山陰サムルノリ様より提供です!

協賛品・提供はまだまだ絶賛受け付けています!

なにかくださるというお申し出は大歓迎です!

みなさん、なにかください!

もちろん神楽もありますよ!

osaki03

ファン感謝の楽しいイベントになるよう企画していますので、みなさん是非お越し下さい!

16

申し込みはFBから!

イベントへの参加申込みはFBイベントページからお願いします。

ご家族・友人・恋人・他人などなど、お誘いあわせのうえ、みなさまお越し下さいね!

→参加申込みはこちらから

 

 

8/15(土)きしもと豊年盆踊り花火大会で神楽を舞います!

2015年8月15日(土)鳥取県西伯郡伯耆町の岸本中学校グラウンドにて、きしもと豊年盆踊り花火大会が行われます。

豊年チラシ表

 

豊年チラシ裏

こども神輿や太鼓の演奏、お楽しみ抽選会もあります。

05

01

02

神楽は18:50より

鳥取荒神神楽研究会は、18:50より神楽を舞わせていただきます。

みなさん、きしもと豊年盆踊り花火大会に来て下さいね!

豊年チラシ表

大東七夕まつりで海潮神代神楽山王寺和野社中の神楽を見ました!

2015年8月6日(木)島根県雲南市大東町の大東七夕まつりの海潮神代神楽の山王寺和野社中の神楽を視察しました。

tokudate

七夕神社もありました。

tokudate2

花火もにぎやかでした。

toku2

20時50分、ついに神楽がはじまります。

toku

出雲地方の南にあるから雲南

島根県雲南市は、島根県の東部にあり松江市と出雲市の南側に位置しています。出雲地方の南にあることから「雲南(うんなん)」です。

日本最古の歴史書とされる古事記に記されたスサノオノミコトのヤマタノオロチ退治は、雲南市内を流れる斐伊川流域がまさにその舞台であり、数多くの伝承地が残されています。

雲南市内の温泉や地名などは奈良時代の出雲國風土記にたどることができるという神話と歴史に彩られたまちです。

山王寺和野神楽社中

出雲神話の舞台となった地、雲南市大東町山王寺(和野)地区におよそ400年の伝統を持つ「海潮山王寺神楽」があります。風(舞)流の美しさや奥深さが高く評価され、昭和36年に県の無形民俗文化財に指定されています。

明治34年出雲大社宮司に認められ、出雲大社教神代神楽本部となって以来110年来毎年出雲大社大例祭(5月14日~16日)には三日三夜神前にて奉納しています。

昭和40年には出雲大社において天皇、皇后両陛下の天覧の光栄にも浴したほか、伊勢神宮、橿原神宮、明治神宮奉納をはじめ、国民文化祭、アメリカジャパンウィーク、ドイツ公演など、海外でも日本の伝統文化を披露されています。

雲南市観光サイトより

場の一切を払い清める清目

kiyome2

神楽のはじめは清目です。

場の一切を祓い清めます。

畝傍山(うねびやま)

神武東征の神話を題材とした演目です。

12

磐余彦命(いわれひこのみこと・後の神武天皇)は、海の案内に国津神であり海人族である珍彦(うずひこ)、烏(からす)となって軍を導く武角見命(たけつぬのみこと)、そして僕神である大久米命(おおくめのみこと)、道臣命(みちおみのみこと)の四神を従え東方のまつろわぬ夷(えびす)を征伐に向かいます。

16

高倉下命(たかくらじのみこと)は、天照大神の命で授かった霊剣フツノミタマノツルギを磐余彦命に献上します。

大倭国(やまとのくに)の長脛彦と土蜘蛛は、磐余彦命には従えぬと反抗し、四神と激しい戦闘になります。

08

02

01

04

09

05

激しい抵抗の後、長脛彦は鎮められ、大倭国が平定されます。

そして、神日本磐余彦命が橿原の畝傍山で即位し、第一代神武天皇となられる建国神話が神楽になっています。

散供

大国主命と事代主命から福の種がまかれました。

ebisudaikoku2

福の種として餅がまかれたのですが、子供達の熱狂ぶりはかつて見たことがないほどのものでした。

これも地域性でしょうか。

ebisudaikoku

樋の川大蛇退治09

出雲に天下った須佐之男命(すさのおのみこと)は、斐伊川の上流で嘆き悲しむ老夫婦と姫に出会います。

老夫婦に理由をたずねると、かつて八人の娘がいたけれど、川上に住む頭と尾が八つある恐ろしい大蛇に七人の姫を取り呑まれ、残った稲田姫をも取り呑まんともうすぐやってくるとのことでした。

須佐之男命は稲田姫を妻にもらうことを条件に、大蛇退治を約束します。

10

強い酒を造り、大蛇に呑ませて酔ったところを十握(とつか)の剣で退治するという作戦です。

やがて大蛇が現れて酒を飲み干します。

07

0106大蛇が酔って眠ったところに須佐之男命が現れて、激しい戦いとなります。

04

1103

そうしてついに大蛇は退治され、尾より出た宝剣、天群雲剣(あめのむらくものつるぎ)を得るのです。

02

出雲神楽はその荒々しさが魅力です。

そして、笛や太鼓のお囃子が素晴らしいです。

本場の出雲神楽に酔いしれて、学びと刺激をいただいたよい夜となりました。

 

8/9(日)米子がいな祭り「万灯まつり」で神楽を舞います!

2015年8月9日(日)米子がいな祭りの二日目ですが、米子コンベンションセンターBiGSHiP多目的ホールにて、万灯まつりが開催されます。

鳥取荒神神楽研究会は、13時頃より神楽を舞わせていただきます。

mantou

秋田竿灯とがいな万灯が初の合同演目に挑む!

今年はがいな万灯が30周年になりますが、がいな万灯が師とした秋田竿灯とはじめての合同演目が行われます。

米子駅から徒歩5分のBiGSHiP

02

米子コンベンションセンターBiGSHiPは、大きな舟のような形をした施設です。

03

01

内部もとてもきれいです!

05

多目的ホールはこんなに大きいです!

万灯まつりは、入場料金が無料で入退場も自由です!

さまざまな芸能が観られますので、みなさん是非来て下さいね!

10

 

 

 

食のみやこ鳥取県「夏の味力まつり」で神楽を舞いました!

2015年8月2日(日)鳥取県米子市の天満屋一階しんまち広場で行われた夏の味力まつりで神楽をしました。

usamimi

食のみやこ鳥取県の事業で、地元農家の6次産業の商品が集まりました。

わたしたち鳥取荒神神楽研究会が田植えや稲刈りに携わっている、清水川農事生産組合や、お世話になっている南部町のみなさんが、まいちょこ南部として出店されるということで、応援の神楽でした。

05

02

店内はたくさんの人でした。

神楽は11時半からと13時半の二回行いました。

04

たくさんの人が集まりました。

03

店内に太鼓と手拍子が響き、事代主命と大国主命が舞います。

01

福の種授けでは、みなさん身を乗り出し、手を伸ばして福を受け取っていました。

みなさん、ありがとうございました。

 

南部町小原夏祭りで神楽をしました!

2015年8月1日(土)鳥取県西伯郡南部町原で行われた「小原夏祭り」で、神楽を舞わせていただきました。

01

地区のお祭ですが、とてもにぎやかで花火も上がりました。

02

05

福の種まきでは、ダンボール四箱ぶんのお菓子をにぎやかにまいて、みなさんとても楽しんでおられました。

03

とてもよいお祭でした!