出雲流神楽の「もの言う面」と「うた歌う面」

日本人は、古くから神楽面や能面や舞楽面など、さまざまな仮面や化粧を用いることで神々になったり、人間性をさらに強調したりして、神事や芸能や祭を現在まで伝えてきました。

面は大きく分類すると、神、男、女、鬼、動物などの形があるが、さらにそれらの面をよく見ると、その表情や色の中に、祭の庭や舞台で仮面を用いる場合の、様々な約束事が様式として隠れています。

仮面の色が白なのか、黒なのか、赤、青など何色なのか。

目や歯に金属板や貝や骨などが使われているか。

それらも面の役柄の性格や個性を強く表しているのです。

 神面(しんめん)

DSC_9114

写真:大原神主神楽 演目 山神祭 天小屋根命(あめのこやねのみこと) 撮影:河合勝齋

神面は「へしみ」という種類のものが多い。

へしみとは、口を結んで物を言わない形相を言う。

問答の中で言葉を発すると敗北を意味するので口を閉ざす形になっているという。

男性的で緊張感のある面である。

姫面(ひめめん)

顔が少しはみ出るくらいの小ぶりな面で、頭には天冠をつける。

それぞれの面に意味がある

神楽で使われる面には、それぞれいろいろな意味があります。

こういった意味を調べてみるのもおもしろいと思います。

 

コメントを残す