金田川ホタルの里にホタルを見に行きました

2015年6月3日(水)鳥取県西伯郡南部町金田の金田川ホタルの里で行われた第21回蛍を見る会に、鳥取荒神神楽研究会と、ホームページ等で一般公募した方たちとで参加しました。

ホタルのいなくなった川がホタルの名所に!?

金田川ホタルの里は、ホタルの名所として有名ですが、米子市という都市部に隣接する区域であり、また金田集落の真ん中にあります。

実際、いまから20年ほど前には、環境の悪化などが原因で、ホタルがいなくなっていました。

それが今ではピーク時に一日2500人も訪れる鳥取県西部で有名なホタルの名所になったのはどういう理由なのでしょうか?

もう一度ホタルが見たいと住民がはじめた活動

ホタルが飛ばなくなった川で、もう一度ホタルが見たい、住民有志4人が集まって、上流で集めたホタルの幼虫とホタルの餌になるニナ貝を放流しましたが最初の二年は一匹のホタルも飛びませんでした。

一匹のホタルが飛びどんどん増えた

しかし、岩の上にも三年とはよく言ったもので、三年目についに一匹のホタルが飛んだのです。

そして、ホタルの数はどんどん増えました。

その頃には口コミで多くの人が訪れるようになっていました。

集落住民の協力でホタルの名所に

金田集落は、普段は集落外の人が歩くことはないところでした。

そこに知らない人がぞろぞろと来るようになったことで、最初のうちは住民から批判的な声も上がりました。

しかし、テレビや新聞などに取り上げられ、遠くから来た人が「すごいね」「きれいだね」と喜んでいる姿を見ることは、集落にとって誇らしくも感じられ、いつしか住民達も協力してくれるようになりました。

今ではこの時期には住民は家の電気を消して協力してくれるようになりました。

ホタル灯篭が立ち並び、公民館前では住民のバザーが行われ、ホタルのいなくなった川が、ホタルの名所になったのです。

いこい荘に集合して移動

さて、この日は18時50分に、南部町浅井にあるいこい荘の駐車場で集合でした。

徳林会長と柏平副会長は着物でスタンバイです。

ikoisou

続々と集合し、車で金田まで移動しました。

kaneda

この駐車場も、金田川ホタルの里のメンバーが、たくさん人が来られるようになったのでと田をつぶして駐車場にしてくれました。

また、期間中は有志の資金でトイレも設置されます。

手作りでここまでやっておられる金田川ホタルの里のみなさんは、本当にすばらしいと思います。

蛍を見る会

会場は小松谷城址のふもとにある土居橋です。

主催者である岡田善治さんのあいさつの後、豚汁を食べながら暗くなるのを待ちました。

1000匹以上のホタル

前日から当日の朝にかけて雨が降っていたこと、そして雲が月隠している最高のコンディションです。

暗くなるとともにホタルが光りはじめました。

金田川ホタルの里の井塚会長も来られ、今日は最高の状態だと言っておられます。

nodate

野点のお茶もいただきながら、参加者は思い思いにホタルを観賞しました。

参加者が帰った後、井塚会長のお宅で、コーヒーをいただきました。

izuka

この井塚会長を筆頭に、金田のみなさんのおもてなしの心が、金田をホタルの名所にしているのだと思います。

この季節は見回りを含めて、集落を歩いておられますので、見かけたら声をかけてみてください。

高らかな楽しそうな笑い声で、井塚会長がいろんな話をしてくれると思います。

シーズンはまだまだ続きますので、みなさん是非行ってみてください。

 

 

コメントを残す