最初で最後か!?島根県神社総代会伯太町部会総会で徳林亜美が講演しました

2015年6月25日(木)島根県安来市のさぎの湯温泉「夢ランドしらさぎ」で行われた島根県神社総代会伯太町部会総会で、鳥取荒神神楽研究会会長の徳林亜美が「大国主命がつないだ縁 安来市はすごい」と題して講演しました。

07

はじめてなのに大舞台

はじめての本格的な講演が、伯太町の25の神社の総代さんや責任役員さんたち50名の前という大舞台です。

02

講演の後は神楽を披することになっているのですが、ハッチメンバーと直也メンバーも前に座ってもらいました。

08

大国主命が縁をつないだ

まずは、今回お声掛けしていただき、こうして縁をつないでいただいた西八幡宮の宮廻神職にお礼を言いました。

宮廻神職とのご縁は、昨年、南部町金田の熊野神社の遷座祭で神楽をしたときに、そこへお手伝いに来ておられたことからです。

大国主命の神楽を奉納したのですが、その大国主命の歌で、以下のような一節があります。

青垣山のふもとより 神風吹けば 涼しかるらん

この青垣山が、宮廻神職の住んでおられる安来市母里にあるのです。

それにびっくりされて、お声を掛けていただいたのがきっかけです。

まさに、大国主命につないでいただいた縁と言えます。

さすが縁結びの大神ですね。

09

挨拶と自己紹介が終わり、講演の序文です。


 

さて、今日の講演でわたしがみなさんに伝えたいのはみなさんは正しいということです。

これから、わたしが神楽と出会って、研究会を立ち上げ、神楽団として活動している今までの話を聞いていただきます。

そして、その活動がうまくいっている3つのポイントをお話させていただきます。

これらのお話の結論として、みなさんが正しいということがわかっていただけるかと思います。


みなさん、真剣な表情で話に耳を傾けてくれています。

こうして約30分間、現在までの経緯と、その活動がうまくいっている3つのポイントを話させていただき、そして安来市のすばらしさについてお話させていただきました。

盛大な拍手をいただき、なんだか感極まって涙が出ました。

そして、部屋を移動して事代主命と大国主命の神楽の実演を行いました。

03

04

大国主命の福の種まきでは、みなさん前に出てこられて、喜んで受け取っておられました。

神楽の後は全員で記念撮影をしました。

06

「いい話だった」「いいことしちょんなるなぁ、がんばって」「応援するよ」「うちの神社にも来てごしない」と、温かい声をたくさんかけていただきました。

たくさん握手もしました。

島根県神社総代会伯太町部会のみなさん、本当にありがとうございました。

そして、講演と公演が無事に終わりお昼になりました。

10

お弁当の時間です!

11

満面の笑みで「やった!」のポーズ。

この後、温泉に入ってリフレッシュして帰りました。

はじめての本格的な講演は緊張しましたが、とても喜んでいただけてよかったです。

みなさん、本当にありがとうございました。

7/24(金)賀茂神社天満宮宵祭りは雅楽生演奏で浦安の舞

2015年7月24日(金)鳥取県米子市の賀茂神社天満宮にて、夏祭り宵祭りが行われます。

kamomaturi

別雷神を祀る米子鎮守の社

賀茂神社天満宮は、賀茂神社を主座として六社を合祀しています。

創建年は不詳ですが、おそらく西暦1300年代に、現在の米子城跡山である賀茂三笠山を神体山として鎮座したと考えられています。

京都山城之国上賀茂神社より、五穀豊穣と自然災害等災厄の鎮護を祈念した大自然を支配される別雷神(わけいかずちのかみ)を勧請されたと考えられています。

米子鎮守の神として、往古より賀茂皇大明神と称しましたが、明治元年に賀茂神社に改め、昭和36年に稲荷神社並びに天満宮を合祀し、社名を賀茂神社天満宮と改称しました。

tinowa

「よなご」の地名発祥ゆかりの神社

kamoten

miya

境内には米子三名水のひとつであり、米子という地名発祥ゆかりの名水「宮水」の井戸があります。

miyamizu

雅楽に神楽にがいな太鼓

賀茂神社天満宮の夏祭りは7月24日(金)の宵祭りと、25日(土)の本祭りの二日間行われます。

24日の宵祭りでは、厳宮雅楽会による雅楽の演奏、そして鳥取荒神神楽研究会の浦安の舞、さらにがいな太鼓が行われます。

09

雅楽の生演奏で浦安の舞

雅楽の生演奏で浦安の舞を舞うのは、とても珍しいことです。

みなさん、是非お越しください!

お問い合わせ

賀茂神社天満宮

鳥取県米子市加茂町2丁目212番地

TEL:0859-22-5780
FAX:0859-22-5799

Web: http://www.kamoten.org

02

 

6/27(土)皆生温泉東光園でかがり火で夜神楽(無料)

2015年6月27日(土)20時より、米子市皆生温泉の東光園中庭にて、事代主命と大国主命の神楽を行います。

02

当日はツアー客の方や宿泊客の方とともに、どなたでも神楽を観覧していただけます。

中庭の舞台でかがり火を焚いて行いますので、幻想的な雰囲気で楽しんでいただけると思います。

ツアー客の方への10分ほどの神楽ですが、記念撮影などもございますので、是非ともお越し下さい!

日時:2015年6月27日(土)20:00~20:45
場所:鳥取県米子市皆生温泉東光園の中庭

butai

写真の左側の建物の前にある四角い舞台の前にかがり火を焚きます。

huku

神楽の観覧は無料でどなたでも参加できます。

事代主命が鯛を釣り大国主命が福をまく!

01

神楽の後は記念撮影の時間も設けますので、ありがたい神様とともに写真をどうぞ!

※1Fロビーに19時頃より鳥取荒神神楽研究会のPRブースを設けますので、早く来ていただいても大丈夫です。
※雨天時には1Fロビーで開催します。

温泉やバイキングもあります!(有料)

東光園には二種類の泉質の温泉や、厳選された素材で作った料理を堪能できる「よみがえりバイキング」もあります。

みなさま、是非お越し下さい!

06

第5回神楽ふれあい体験会を開催しました!

2015年6月18日(木)鳥取県米子市皆生温泉東光園にて、神楽ふれあい体験会SPを開催しました。

01

東光園は出雲大社をモチーフに、鳥居の工法を取り入れた特殊な建築物です。

07

出雲流神楽のお話

今回は、出雲流神楽の研究者である中野秋鹿さんに、出雲流神楽について動画を交えてお話してもらいました。

13

03

シアタールームでの講演は約40分、参加者のみなさんは真剣に話を聞き、質疑応答も活発でした。

鳳鳴雅楽会による舞楽「陵王」

今回はスペシャルゲストとして、米子市に拠点を置いて活動している鳳鳴雅楽会のみなさんによる舞楽「陵王」が行われました。

06

きらびやかな楽器は、一億円以上するものもあるそうです。

05

09

代表の森川さんより、雅楽や舞楽、そして演目の説明があり、演奏がはじまりました。

龍笛が鳴り、篳篥が奏され、笙の音が響きます。

世界最初のオーケストラとも言われる雅楽の生演奏に、みんなうっとりしています。

天上に響く音色、そしてきらびやかな装束と面の陵王が舞いだします。

荘厳ですばらしいものでした。

11

雅楽から神楽へ

雅楽の演奏が終わると、次は鳥取荒神神楽研究会の神楽です。

事代主命と大国主命の舞、そして福の種がまかれました。

10

とても盛り上がり、参加者のみなさんも大喜びでした。

次回は7月18日(木)の開催となりますので、みなさん是非お越しください!

 

6/28(日)ひばごん郷温泉すずらんの湯温泉祭りで比婆荒神神楽子供神楽を見よう!

2015年6月28日(日)広島県庄原市比婆山のひばごん郷温泉すずらんの湯で温泉祭りが開催されます。

onsenmaturi

アトラクションとして比婆荒神神楽(子供神楽)が行われます。
かぐけんと一緒に温泉祭りを楽しみませんか?

日時:2015年6月28日(日)11~17時
場所:ひばごん郷温泉すずらんの湯

〒729-5611 広島県庄原市西城町三坂152-10
TEL.0824-84-2170
FAX.0824-84-2177


 

・各種屋台出店

手打ちそば、ラーメン、たい焼き、ヤマメの塩焼き、アイスクリーム、他

・アトラクション

比婆荒神神楽(子供神楽)
ブルーハーモニー吹奏楽団
源流太鼓、他

2000円の金券として使えて温泉が無料になるお得なチケットを販売中なので0824-84-2170にお問い合わせください。
※数量限定無くなり次第終了

<集合は二箇所>
・現地集合
すずらんの湯前に11時
・伯耆町溝口駅集合
駅舎前に9時

※参加の方は、どちらに集合するかコメントかメッセージでお知らせください。

facebook申込みページはこちら

<かぐけん問い合わせ・当日連絡>

muru
090-1331-6348 とくばやし


 

比婆荒神神楽

本山三宝荒神に奉納する祖霊信仰の神楽であり、中世より連なる古い形を残している。
昭和46年に高千穂の夜神楽に続いて国指定無形民俗文化財に指定された。

すずらんの湯

源泉かけ流しで、療養泉の単純弱放射能冷鉱泉、低張性弱アルカリ性冷鉱泉に分類される。
気泡風呂、ジェット風呂、サウナ、水風呂、外湯(アイシング用)、休憩室や食堂、売店がある。

ひばごん

1970年代にさかんに目撃された比婆山連峰に生息するとされるUMA(未確認生物)のひとつ、類人猿型であり二足歩行が可能で、黒もしくは濃い茶色の毛で覆われ、尻の左半分の毛は白がかっている。
顔は逆三角形で目はギョロ目で大きくつりあがっている。

比婆山

広島県庄原市にある標高1264mの山で比婆道後帝釈国定公園に属している。

イザナミ御陵伝説の地

標高1264mの円丘にイザナミの御陵と伝えられる苔むした巨石が横たわっている。竜王山南西側山麓にはイザナミを祀る熊野神社がある。

第10回小野小町どろんこソフトバレーボール大会に応援に行きました!

2015年6月14日(日)鳥取県西伯郡伯耆町の小町集落の水田で行われた第10回小野小町どろんこソフトバレーボール大会に応援に行きました!←応援かよ?

04

天気が心配されましたが、やはり晴天です。

伯耆町小町の公民館の横にある田んぼにコートが作られ、朝8時半の開会式にはたくさんの人が集まっていました。

この日は小町集落の人口が300%アップなのです。

鳥取大学医学部地域サークルとの交流からはじまったどろんこソフトバレーボール大会

今回で10回目となるどろんこソフトバレーボール大会ですが、はじまりのきっかけは大学生との交流にありました。

今から10年以上前に、鳥取大学医学部の「はくまた」というサークルが、地域包括医療の研究のため、高齢過疎集落である伯耆町小町を訪れ、高齢者を検診する交流がはじまりました。

その大学生たちとバーベキューをしたり、農業体験をさせたり、興味のあることをなんでもさせたのが公民館の隣に住む遠藤さんです。

ある時、大学生が田植えをしたいというので、手植えの体験をさせたところ、田んぼの中に飛び込んだり、宙返りをしたりと、どろんこになって楽しく遊んでいました。

そこで、田んぼでなにかできないかと考えてはじまったのが、このどろんこソフトバレーボール大会でした。

にぎわいが集落を盛り上げた

第一回は、遠藤さんが自分の田んぼにコートを作り、知り合いや企業に頼んでまわって景品を集め、自費で個人的に開催しました。

よそ者が来ることがない集落に、いきなりのお祭騒ぎですから、住民達は驚いていました。

しかし、高齢化集落に大学生などの若者がやってきて楽しいイベントに、住民達も協力してくれるようになりました。

今では小町集落の多くの人が協力して盛り上げています。

11チームの総当りリーグ戦

第10回の今回は、通常は9チームのところ12チームの応募がありました。

そこで主催者である小町地区の消防団と、鳥取大学医学部はくまたサークルを合体してひとつのチームにして、11チームで行うことになりました。

南部町から清水川チームが参戦

今回、かぐけんが応援に来たのは、遠藤さんやはくまたサークルと交流があったこと、そして3月に南部町天津で行われた神話と食のまつりに、遠藤さんを通してはくまたサークルに応援を頼んだことがきっかけで、清水川集落がどろんこバレーに参戦することになったからです。

清水川と小町地区遠藤さんをつないだ縁から、応援に駆けつけたのです。

05

清水川からは農村ボランティアの鳥大生も参加しました。

水田のコートは足をとられて思うように動けません。

また、ボールが泥ですべるので、運の要素も強いのです。

参加チームはどろんこになり、小町に歓声が響きました。

お昼はカレーライスのふるまいが!

応援に来たもうひとつの大きな理由、それはカレーライスです!

なんと、参加者や観客に無料でカレーライスがふるまわれるのです。

01

お肉たっぷりで、とてもおいしいです。

02

牛を40頭飼っている遠藤さんは、肉に強いこだわりを持っています。

03

今回は、山陰ゆるい写真部の部長と副部長も、どろんこの勇姿を撮影に来ていました。

どろんこソフトバレーボール大会、とても楽しいイベントでした。

おまけ

イベント後に大山の某所に移動してちょっと撮影。

ami4

下の写真は山陰ゆるい写真部の河合勝齋先生が撮ってくださったものです。

tokuami2

tokuamiami

ami2

ami3

 

 

 

 

皆生温泉東光園で幻想的な炎の中で神楽を舞いました

2015年6月13日(土)鳥取県米子市皆生温泉の東光園中庭ステージにて神楽を行いました。

今回は宿泊のツアー団体向けに15分ほどの神楽でしたが、一般の方も見に来てもよいということで、二日前に急遽告知をしました。

おかげさまで多くの方に見ていただくことができました。

鳥居の工法を取り入れ出雲大社をモチーフにした東光園は天皇陛下も宿泊した

東光園

東光園本館「天台」は、愛知万博総合プロデュースを手がけた建築家・菊竹清訓氏による設計。

出雲大社を思い描き築かれたそのたたずまいは、空に浮かぶ楼閣のようです。

巨大な梁で上層階を吊る大胆な工法は、鳥居の建築法を用いた独創的デザインで、客室からは、遠くに大山の雄姿、眼下に敷地内の大庭園を見渡すことができます。

tanabata

一階ロビーでは七夕飾りが出ていて、願い事が書けるようになっていました。

東光園の中庭がすごい!

nakaniwa

niwa

東光園の中庭は広大で、今回はその一角にあるステージでかがり火を焚いて神楽を行いました。

butai

揺れる炎に照らし出される神々の舞

hajime

20時半に神楽が始まりました。

金屏風とかがり火で幻想的な空間です。

06

柏平副会長もキリっとしています。

09

08

前説が終わると、まずは事代主命の鯛釣りの舞です。

05

「そも舞い出すそれがしは、大国主命のせがれ、事代主命とは、そも我がことにてそうろう」

大国主命の御子神である事代主命が、美保関の沖之御前で鯛釣りをする若々しい舞いです。

01

tai

衣裳がかがり火に照らされて、よりいっそう引き立ちます。

鯛を釣り上げると拍手喝采、そして大国主命の舞です。

大国主命の福の種授けに大喜び

02

出雲大社の祭神であり、国造りの大神である大国主命が舞い出します。

鳥取県日野郡江府町下蚊屋集落の下蚊屋荒神神楽保存会明神社に伝わる舞です。

「天地(あめつち)の広き荒野(かやの)を田と成して、くわのみほこや、露の玉米(たまよね)」

華麗に舞い、祝いの歌を歌います。

福の種授けでは事代主命と二柱で蒔きました。

04

大国主命の福の種授けをご覧下さい!

かがり火の炎の中で大国主命が舞い、福の種を授ける場面を動画でご覧下さい。

※舞いは短縮バージョンです。

来ていただいたみなさま、ありがとうございました。

6/13(土)皆生温泉東光園でかがり火で神楽を見よう!【無料】

2015年6月13日(土)20時半より、米子市皆生温泉の東光園中庭にて、事代主命と大国主命の神楽を行います。

東光園

当日はツアー客の方や宿泊客の方とともに神楽を観覧していただけます。

中庭の舞台でかがり火を焚いて行いますので、幻想的な雰囲気で楽しんでいただけると思います。

日時:2015年6月13日(土)20:30~20:45
場所:鳥取県米子市皆生温泉東光園の中庭

nakaniwa

写真の左側の建物の前にある四角い舞台の前にかがり火を焚きます。

参加は無料です。

⇒FB申込みページはこちら

事代主命が鯛を釣り大国主命が福をまく!

神楽の後は記念撮影の時間も設けますので、ありがたい神様とともに写真をどうぞ!

※1Fロビーに19時頃より鳥取荒神神楽研究会のPRブースを設けますので、早く来ていただいても大丈夫です。
※雨天時には1Fロビーで開催します。

温泉やバイキングもあります!(有料)

東光園には二種類の泉質の温泉や、厳選された素材で作った料理を堪能できる「よみがえりバイキング」もあります。

料理

温泉01

温泉02

みなさま、是非お越し下さい!

⇒FB申込みページはこちら

【一日一回投票のお願い】童子斬り伯耆安綱に毎日一票を!【日本刀人気投票】

東京国立博物館のWebサイトで、日本刀の人気投票が行われています。

わたしたち鳥取荒神神楽研究会が拠点としている鳥取県西伯郡伯耆町の大原安綱作の日本刀、「名物童子斬り安綱」もエントリーしていますので、どうかみなさん投票してください。

酒天童子を斬った天下五剣の筆頭にして源氏の宝剣

この童子斬り安綱ですが、天下五剣の筆頭格であり源氏の宝剣として、京都大江山の酒天童子を斬った刀であることから「童子斬り」と呼ばれるようになりました。

江戸時代の試し切りでは、鉄の土台まで斬ったと伝わっています。

刀鍛冶の名工である安綱は、それまで直剣だった日本の剣に反りをつけた日本刀の元祖とも伝わっています。

毎日一票の投票を!

東京国立博物館Webサイトでの日本刀人気投票は、一日に一票の投票ができます

ですから、みなさん毎日投票をお願いします!!

⇒東京国立博物館の投票サイトはこちら

投票期間:2015年6月8日(月)~7月20日(月・祝)

一番下の列の右から二番目の太刀なので、みなさん投票お願いします。

第10回小野小町どろんこソフトバレーボール大会

2015年6月14日(日)鳥取県西伯郡伯耆町小町の公民館横の水田にて、第10回小野小町どろんこソフトバレーボール大会が行われます。

開催:2015年6月14日(日)

日程:

8:30 開会式
9:15 試合開始
15:00 閉会式(表彰式)

※日程は予定です。

1チーム4名で競うどろんこバレー

競技は水を張った水田の中に作った13.4m×6.1mのコートでネットの高さは180cmです。

女性一人以上を含む4名で、15点先取のラリーポイント2セットマッチです。

応援に行こう!

小町集落は小野小町の伝説が残る集落です。

記念すべき第10回大会を応援に行きましょう!