巨大な赤い磐座の中に鎮座する神秘的な赤岩神社はあまり知られていない

2015年5月31日(日)鳥取県西伯郡伯耆町上細見の赤岩神社に参拝しました。

この神社はあまり知られていませんが、巨大な赤い磐座の中に社があるものすごい神社なのです。

鎮座地

鳥取県西伯郡伯耆町上細見257番

祭神

天津彦火瓊瓊杵尊、大山祇命、木花開耶比売尊、速須佐之男神、稲田比売神

由緒

創立年月不詳、往古より大神山神社の摂社にして赤磐権現と号す、最も幽邃にて赤岩壁立つ間に鎮座地あるを以て此の社号あり、明治元年赤岩神社と改称せらる。

例祭日 10月15日
建造物 本殿、幣殿、拝殿、神楽殿、隋神門、神輿庫
境内坪数 622坪
崇敬者戸数 64戸

霊峰伯耆大山のふもと伯耆町

赤岩神社は、古代出雲と因幡の間にある伯耆の国、出雲風土記の国引き神話で、島根半島を引き寄せるための杭になったという霊峰伯耆大山のふもとにあります。

国道181号線の立石付近を伯耆大山の方向に入っていくのですが、赤岩神社の看板はありませんので、ナビなどを見ながら探してください。

駐車場は無いので集落の人がいたら聞こう

赤岩神社は、知る人ぞ知る神社で、あまり知られていません。

神社に向かう道も細いですし、駐車場もありません。

道路脇に駐車することになりますが、畑仕事などしている人がいたら、「赤岩神社に行きたいのですが」と声をかけると親切におしえてくれます。

この日も、農作業をしている女性に声をかけると、階段は106段あって急なこと、神様は赤岩さん、秋祭りには神輿が上がる、自分は何十年も上まで行っていない(下に遥拝できる門がある)、先日調査の人が来て「これは投げ入れ堂だ」と言っていた、などといろいろとおしえてくれて、車庫に駐車させてくれました。

鳥居をくぐるとすぐに巨大な磐座

07

鳥居の先に神門があって、その先に急な階段が見えています。

この神門には鈴が下がっており、ここから遥拝できるようになっています。

鳥居をくぐってすぐ、神門の左側に巨大な磐座がありました。

06

急な階段の左右には巨岩がごろごろしている

05

03

急角度な階段を登りながら左右を見渡すと、巨岩と奇岩だらけです。

たしかに急角度ですが、距離は短いのですぐに神社が見えてきます。

巨大な赤岩に圧倒される

01

本当に巨大です。

ものすごい迫力です。

なぜなのかわかりませんが、神社のまわりの岩だけ赤いです。

赤岩権現として崇敬されてきた磐座を動画でご覧下さい

写真では伝わらない迫力を、動画でご覧下さい!

 

ヴィレステ日吉津オープニングセレモニーで神楽をしました!

2015年5月31日(日)鳥取県西伯郡日吉津村の複合施設ヴィレステひえづの開所式が行われました。

オープニングセレモニーの最初に事代主命と大国主命の神楽を舞わせていただきました。

交流を目的とした村の駅

ヴィレステひえづは、ヴィレッジステーション(村の駅)を縮めた名称で、図書館や会議室、ステージなどいろいろな設備が揃っています。

01

朝8時半に会場入りした真也メンバーと徳林会長。

あきらかにまだ眠そうです。

衣裳や道具を運び入れて、ステージ上で準備をします。

naoya

naoya02

着替え終わってもまだ起動中の徳林会長。

naoya03

キリっとしている直也メンバーは彼女募集中です。(通年、24時間いつどこでも誰の挑戦でも受ける感じ)

徳林会長は挨拶の暗記に必死です。

butai

ステージのあるホールの客席は、150席が電動でせり出します。

isu

オープニングの神楽

jin

9時半になると幕が開き、オープニングセレモニーがはじまりました。

徳林会長のあいさつのあと、事代主命が舞い出して鯛を釣り、大国主命が舞って福の種を蒔きました。

式典の都合で、通常は15分のところを10分に縮めたのですが、福の種授けでは、すごく喜んでいただくことができました。

商売繁盛の恵比寿様と、福の神の大黒様のオープニングでの開所式は、とてもおめでたいものになったと思います。

記念品としてヴィレステひえづのパンフレットと、紅白餅をいただきました。

このヴィレステひえづは、日吉津村民でなくても利用できるとのことですので、みなさまどうぞご利用下さい!