05

5/24(日)大神山神社奥宮春季例大祭で神楽奉納のお知らせ

2015年5月24日(日)大神山神社奥宮春季例大祭にて、神楽を奉納させていただきます。

大神山神社奥宮

偉大な神のおわす山、大神岳(おおかみのたけ)、古代の人々は大山のことをそう呼んで敬いました。

その大山信仰の中心が古代より連綿と続く大神山神社です。

04

大神山神社奥宮の御祭神は大己貴神(おおなむちのかみ)で、大国主神のお若いときの御名前です。

古事記、日本書紀、出雲国風土記等に多くの神話・伝説を示す御神徳を持ち、とくに国造りをされたことから、産業発展、五穀豊穣、牛馬畜産、医薬療法、邪気退散の神として有名です。

12

01

春季例大祭

その大神山神社の春季例大祭にて、鳥取荒神神楽研究会の神楽を奉納させていただきます。

11

神楽は二回行います!

神楽奉納は10時より神事での舞いと、12時頃からの散餅(さんぺい・餅まき)の前の二回行います。

03

お昼には福餅がまかれます!

12時頃よりの福招散餅(餅まき)の前に、この下で神楽を舞います。

餅まき1昨年の様子です。

本殿から神職が餅をまきます。

お昼前に大神山神社奥宮にお越しいただくと、神楽と餅まきがあります。

餅まき2

古来より鎮座するお社です。

崇敬心を持ってお参りください。

コメントを残す