5/6(水)GW出雲大社に大国主命が玉と向かい合う像があるけどなに?おしえてやるから着いて来い!広瀬月山

大国主の幸魂(さきみたま)奇魂(くしみたま)ってなに!?

出雲大社で大国主命が波の上に乗る玉と向き合う像を見たことがある人は多いと思います。 あの玉ってなんなのでしょうか?

日本書記には、国造りの半ばで少彦名命が常世の国に帰ってしまい、大国主命が一人で思案していると、神々しい光が海を照らしてやって来て、「我はおまえの幸魂奇魂」と告げ、国土経営を助けたという話があります。

この、海を照らしてやって来た神々しい光である「幸魂奇魂」を表現しているのがあの玉なのです。

さて、落ち込んでいた大国主命はこれにて立ち直ります。

つまり、大国主命が国土経営を決意した重要な地とも言えるわけですが、その場所がどこなのか知っていますか?

実は安来市広瀬にある「月山の山頂」だという説があるのです。

※参考 富田八幡宮

尼子より大国主命のほうがすごいのに・・・

しかし、地元の人の多くは神話のことは話しません。

月山と言えば戦国時代の堅城であり天空城とも呼ばれた月山富田城、尼子、山中鹿之助、地元である広瀬住民の多くは尼子のことしか言いません

しかし、実はもっと古い神話の時代、国造大神である大国主命の重要な地だったのです。 shiro 昔はなんだか城があったみたいですが、今回のイベントでは尼子とかそういうのはNGワードです。

月山山頂には出雲国風土記に記される古社が残る

そして、欽明天皇三十一年、山頂に大国主命の幸魂神を祀ったのが勝日高守神社(かつひたかもりじんじゃ)です。

祭神は大己貴幸魂神(おおなむちさきみたまのかみ)で配祀に月夜見神(つきよみのかみ)となっています。

出雲国風土記には、加豆比高社と記されている歴史ある神社です。

大人の遠足に行こう!

ということで、GWに月山にピクニックに行きませんか?

歴史館で広瀬の歴史を学び、清酒月山蔵元にある名水を汲んで山頂に登りお弁当を食べて、名水を沸かして野点で抹茶を飲みましょう!

歴史資料館で広瀬を学ぼう!

rekishi まずは広瀬の勉強をします。 5万年前からの歴史をさらっと学びます。 尼子とか戦国時代の展示は見てはいけません。

不味流茶道最高の名水を汲もう!でも???

車で移動して、お茶を飲むための名水を汲みます。 なんと、広瀬には不味流茶道最高の名水があるというのです。

『寛文六年(一六六六)四月、広瀬藩創設以来藩主が使用していた萩の茶屋は、藩邸の北西に位置する御山にあり、そのふもとにあった井戸水がお茶の水として歴代藩主によって保存使用されて来たと言われている。お茶の水は不昧流茶道で最高の水といわれ第八代藩主、松平直寛は宗藩、松平治郷に特別に重用され、親しく師事して茶道を学んだ。二〇六年間藩邸のお茶の水として飲用されていたこの水も昭和時代に至り埋れた古井戸となり、わずかにわき出しているにすぎなかったが、町内の「吉田酒造株式会社」が島根大学の理学博士の元、井戸堀り工事を施工し、二〇六年間の藩主の使用した当時の井戸水を復元した』

meisui

おい?蛇口ついてるぞ!?

さ、最高の名水!??? 蛇口をひねって出す名水!? 使用後は蛇口をひねって水を止めてくれという注意書きが・・・

のんきでほがらかなガイド付きです!

広瀬神話ガイドの会の河合勝齋先生のガイド付きで楽しく40分の登山です。 河合勝齋先生は、なんか写真部もしているみたいですね。

浦安の舞いを奉納しますよ!

山頂では勝日高守神社の宮司に許可をいただいて、鳥取荒神神楽研究会による浦安の舞の神楽奉納があります。 02

月山山頂で弁当を食べて抹茶を飲もう!

広瀬町内で作られた特製弁当をパクパク食べます! そして、名水を沸かして野点でお茶を飲みます。

tya

※写真はイメージです。実際のイベントとはおそろしく違います。というかまったく違います。

広瀬絣藍染め体験をしよう!

絣センター08

集合写真を撮って下山したら、広瀬絣センターで40cm四方のハンカチに藍染め体験で旅の記念ゲットです!

※藍染め体験料は参加費に含まれています。

日付:2015年5月6日

集合:道の駅 広瀬・富田城 歴史資料館前

島根県安来市広瀬町町帳775-1

時間:10時集合~16時解散

参加費:2000円

※料金には歴史資料館入館料、弁当、抹茶、茶菓子、藍染め体験料を含みます。 ※ウェットティッシュや茶道具などはこちらで用意します。

※ゴミは基本的に各自でお持ち帰りいただきます。

※保険は掛かっていませんので自己責任でご参加ください。

基本的に尼子の話はしません

持物:登山できる服装、靴、リュック、水筒や飲み物、水汲み用ペットボトル(500ml)、虫除け対策、タオル、茶碗(抹茶が飲めるもの)、おやつ(3万円まで)、その他持ってきたいものなんでも

<日程>
10:00 集合・挨拶
10:10 歴史資料館
10:30 水汲み
11:30 山頂~勝日神社参拝
11:45 浦安の舞奉納
12:00 昼食・お茶
12:40 下山
13:30 藍染体験
16:00 終了

主催:広瀬神話ガイドの会 河合勝齋
共催:山陰ゆるい写真部、鳥取荒神神楽研究会

<申込み・問い合わせ>

080-3875-2709 担当:河合

氏名、住所、参加人数をお知らせ下さい。

matubara03 さあ、みなさんGWは広瀬の神話を学びましょう!