南部町古事記ゆかりの地 神話と食のまつりは大盛況でした

来場者1500人超!?予想以上の盛況でした!

2015年3月8日(日)鳥取県西伯郡南部町福成のふるさと交流センターアリーナにて、神話と食のまつりが開催されました。 神話と食のまつり 清水川農事生産組合と地域振興協議会とが中心になった実行委員会が主催したのですが、鳥取荒神神楽研究会も企画段階から関わらせていただいて、当日も神楽を舞わせていただきました。

広報に準備にがんばりました

facebookや公式ホームページなどインターネットでの広報、そして新聞、テレビ、ラジオにも複数取り上げられました。 nhk2 そして、前日には餅まきのための餅をつきました。 0203なんと餅まきに使うのは清水井の水で栽培した古代米を使ったお餅です。 餅造り 紅白餅が400個できました!   そして、前日の会場設営を行い、夜は交流会でした。

備中神楽の名門「北山神能社」を迎えての交流会

06

北山神能社のみなさん、清水川農事生産組合のみなさん、集落交流として伯耆町小町の遠藤さんと妹尾さん、鳥取大学医学部のみなさん、そして鳥取荒神神楽研究会で前日の交流会です。

奥に並んでおられる6名が北山神能社さんです。

zennyasai

写真左より森政太夫、雛元太夫、平井太夫、そして研究会の亀山直也です。

08

会場のある天津地域振興協議会の種会長です。

ついに当日!お客さんは来るのか!?

そして、ドキドキしながら当日の朝を迎えました。

asa

ものすごくよい天気です。

準備

鳥取荒神神楽研究会もブースの準備をします。

さあ、お客さんは来るのでしょうか?

町長

来ました!

っていうか、むしろものすごく来ました!

開会式前なのにすごいお客様です。

坂本南部町町長も開会式で挨拶をするために来られました。

07

06

02

04

01

05

kaijyo

08

hyo

宮崎から伝わったひょっとこ踊り

開会式が終わると地元南部町のひょっとこ踊りから開演です。

コミカルな踊りに会場は大爆笑でした。

hyo2

10

そしてついに備中神楽北山神能社の神楽です。

榊の舞いにより、会場の一切が清められます。

sakaki

導きの舞で猿田彦命を呼ぶ

miti

そして雛元太夫による導きの舞です。

猿田彦命の説明し呼ぶための舞いです。

sarutahiko

猿田彦命が舞いだします。

邪魔外道を祓う迫力のある舞いです。

12

昼休憩を挟んで、神能「岩戸開き」です。

天照大御神が隠れた岩戸を開くお話です。

アメノコヤネノミコトとフトダマノミコトが舞いだします。

5

智慧の神であるオモイカネノミコトが策を授けます。

13

アメノタジカラオノミコトは力持ちの神様です。

アメノウズメノミコトが舞い踊ります。

14

無事に天照大御神が現れました。

恵比寿と大黒が福を蒔く

ここで鳥取荒神神楽研究会の事代主命の舞いと、大国主命の舞いです。

この日のために猛練習しましたが、師である雛元太夫、森政太夫の前で舞うことに緊張しまくりです。

20

21

なんとかこなして福の種を蒔くと会場は大興奮です。

直也くんとムルさんは、この時の記憶が無いそうです。

最後はやっぱり大蛇退治

susa

最後はスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する演目「祗園(大蛇退治)」です。八重垣の能とも言われます。

そして備中神楽最高のエンターテイナーが・・

そしてついに松尾明神の登場です。

matuo

「ピースサインをする神様をはじめて見た・・・」

とは、お客様の言葉です。

歌って踊れるエンターテイナー松尾明神は、備中神楽でもっとも人気のある神様です。

酒造りの神様である松尾明神は、てごにんと一緒に酒を作ると、お祝いの福の種を蒔きます。

そしてスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治し、16時になりこの日のプログラムが終わりました。

はじめてのイベントであり、準備も大変でしたが、思った以上に賑やかに開催することができました。

ブース出店されていた地域のみなさんも、とてもよく売れたと喜んでおられました。

そして、夜は反省会でした。

40

みなさん、やってよかったと喜んでいました。

備中神楽北山神能社のみなさん、本当にありがとうございました。

31

地域の住民が主体となったお祭は大成功でした。

コメントを残す