4/12(日)法勝寺さくらまつりでゆるい写真部の花見交流BBQですよ!

2015年4月12日(日)鳥取県西伯郡南部町にて、山陰ゆるい写真部が主催する花見交流会を行います!
また、南部町南さいはく地域振興協議会の協力で緑水湖湖畔「森の学校」でBBQを行います!

yuruihanami

日韓芸能の競演!!

BBQの後は韓国民俗芸能サムルノリ、巫女舞、神楽などが行われます。

中山間地域とゆる写と芸能のコラボレーション企画です!

誰でも参加できます!

鳥取県西伯郡南部町法勝寺の桜まつりに参加し、一式飾りと宿場町の町歩き、土手沿いの桜を散策します。
午後は緑水湖に移動して湖と桜を見ながらBBQです。
そして、日韓のミニ芸能大会と盛りだくさんです!

ゆる写企画ですから、ゆるい写真部じゃない人、写真を撮らない人も参加できます!

日時:4月12日(日)9:30~16:00
集合:南部町役場法勝寺庁舎玄関前
※役場の駐車場はいっぱいだと思いますが、各所に臨時駐車場がありますので、それぞれ駐車してから集合してください。
料金:1500円(小学生以下無料)

雨天決行(町歩きは傘など雨具が必要です。BBQ施設には屋根があります。)

主催:山陰ゆるい写真部
(代表 河合勝齋 080-3875-2709)
共催:南さいはく地域振興協議会、鳥取荒神神楽研究会
協力:南部町地域おこし協力隊農業部門

参加人数:60人まで
※子供の参加やFBをしていない友達や家族を連れてくる場合、人数把握のためこの下の「【重要】参加表明していない参加者と子供の人数把握」スレッドにその旨をコメントしてください。


問い合わせ・申込み
080-3875-2709 担当:河合
氏名、住所、参加人数をお知らせ下さい。


 

こんなに盛りだくさんでいいのか!?

tirasi

☆728本の桜まつり

法勝寺川周辺には、法勝寺城址周辺233本、法勝寺川土手430本、妙見山65本の合計728本の桜の木があり、 樹齢は40~55年程度とちょうど頃よい桜となっています。

tia

☆無形民俗文化財「一式飾り」

issiki

一種類の用具で飾りを作るという法勝寺地区で続いている行事。全国的にも珍しい。

☆着物美人の撮影ワンポイントレッスン

着物美人(K.S)を迎えて、河合勝齋先生が人物撮りのワンポイント講座を行います。

☆緑水湖と湖畔の桜

ダム湖である緑水湖の湖畔には700本以上もの桜が咲いています。

☆おいしい交流BBQ

yasai1

緑水湖畔の森の学校で、みんなでワイワイBBQです!
牛、豚、鶏と南部町産の新鮮野菜です!

南部町南さいはくの炭焼き小屋で焼いた良質の炭を使います。

木炭

yakane

特産品のうど羊羹や、清水川農事生産組合の再生復活五穀米など、地域の味覚を堪能できます!

udo

南さいはくの地元住民も10名くらい参加します!
※自分で飲むアルコールは持参願います。
※食材の寄付は大歓迎です!

☆森の学校見学

緑水湖湖畔には、森の学校という施設があります。NHKでも話題になった「斜めの塔」に登ります。

morigakko

☆韓国サムルノリ

samurunori

地を表す打楽器と、天を表す金属楽器で独特の3拍子のリズムを奏でる韓国民俗芸能サムルノリ。
ゆっくりとしたリズムで始まり、少しずつ速くなるという、スピードに対比をつけた劇的な演奏展開に演者も観客もひきこまれていくのが魅力です。

☆巫女舞

緋袴に千速をまとった巫女が榊と神楽鈴で場の一切を清める舞いです。

06

☆大国主命と事代主命の神楽

yoko

美保神社の祭神と出雲大社の祭神、親子でもあるこの二柱の神は、七福神では大黒様と恵比寿様のありがたい神様です。
華麗に舞ってみなさんに福の種を授けます!
商売繁盛と縁結びのめでたい神楽です。

☆金山ヒメノモチの紅白もちまき

koto3

大国主命と事代主命から、南さいはくの金山で育てたヒメノモチの紅白もちまきがあります!(限定100組

☆お土産もあるよ!

南部町の観光地図「虹色マップ」をプレゼント!

<スケジュール>
9:30 集合・挨拶
10:00 桜祭り町歩き
11:00 着物美人撮影
12:00 森の学校に移動BBQ
15:00 韓国サムルノリ、巫女舞、神楽

※食材の準備の都合がありますので、参加希望者は4月8日までにお申込みください。
※当日のキャンセルは料金をいただきます。
※有志による手作りイベントのため、保険はかけておりません。自己責任でご参加ください。
※よい写真が撮れたら地域振興協議会に写真素材として寄付してもらえると喜びます!
※準備および当日スタッフとして鳥取荒神神楽研究会にお願いしていますが、できることは助け合って楽しいイベントにしましょう。
※質問やアドバイスは大歓迎ですので、コメントでどうぞ!

リアルタイムな情報はfacebookページをご覧下さい!


問い合わせ・申込み
080-3875-2709 担当:河合
氏名、住所、参加人数をお知らせ下さい。


 

鳥取市池田家墓所写真コンクール表彰式で神楽を舞いました

昨年に引き続きオープニングで公演

2015年3月22日(日)鳥取市の鳥取県民会館で行われた「池田家墓所写真コンクール表彰式」のオープニングで、神楽を舞わせていただきました。

ooami

まずは恒例の成功祈願から

9時に集合し、米子市尾高の大神山神社に神楽公演の成功を願って参拝しました。

気づくと10時に・・・

そして鳥取市に向けて出発しました。

因幡の白兎

途中で因幡の白兎のお話で有名な、白兎神社に隣接する「道の駅白兎」に立ち寄りました。

inaba

ラグジュアリーな控え室にびびる

会場である鳥取県民会館に着くと、控え室に案内されました。

扉には特別応接室という表示が・・・!?

ousetu

トイレや洗面所もついている応接室なんてはじめてです。

さすが特別応接室です。

普段は一体どんな応接が行われているのでしょうか?

神楽をやっていなければ一生座ることがなかったであろうソファーに座る一同。

目が怖い徳林会長。

突然に屋外公演

ebisudaikoku

本来は室内公演だったのですが、会場の一室で試験が行われており、太鼓の音が大きいということで、急遽、屋外公演になりました。

事代主命が軽快に飛び跳ね、大国主命とともに福の種をまいて、みなさんをお祝いさせていただきました。

zen

kashi2

yoko2

yoko

koto

huku

hayasi

神楽好きな林副知事と記念撮影。

みなさん、どうもありがとうございました。

大神山神社【伯耆二宮】鳥取県米子市尾高

2015年3月22日(日)鳥取県米子市尾高の大神山神社に参拝しました。

伯耆二宮である大神山神社は、伯耆大山中腹に大神山神社奥宮もあります。

では、動画レポートをどうぞ!

oogami2

伯耆町溝口彼岸市で神楽を舞いました

大正時代から続く歴史ある彼岸市

ekimae

2015年3月21日(土)鳥取県伯耆町の溝口春の彼岸市で神楽をまいました。

鳥取荒神神楽研究会が稽古をしている伯耆溝口駅遊楽館の前がにぎやかです。

daikon

まずは大根バーガーをパクリ!

daikon2

あっさりとしたおいしさ、伯耆町のグループが作っているバーガーで、バーガーフェスタでも好成績です。

sen

nakajima

溝口鬼面太鼓の中島さんが焼きそばを焼いていました。

hukunotane

13時半よりの神楽は大盛況でした。

鳥取荒神神楽研究会のメンバーは溝口在住が二名いるのです。

地元での神楽に気合が入りました。

nisimura

日野高校郷土芸能部の顧問であり、徳林会長の恩師である西村先生が来てくれました。

siruba

okuyama

南部町の英雄である奥山さんとも出会うことができました。

ichihashi

市橋さんがポン米をやっていました。

kokusi

大国主命と事代主命を祀る國司神社に参拝しました。

 

四千年前の幻の夏王朝「禹王」から猿田彦命へ??

神能より古くから伝わる神楽舞

備中神楽の猿田彦命の舞は、神能と呼ばれる神話劇より古くからあった神事で、本来は神職が神服をまとい神事として行われていました。

天孫降臨で道案内をした猿田彦命の神徳にちなんで、諸事の事はじめの先祓いとして、邪魔外道を祓う役目です。

猿田彦舞い出し

その舞の足の動きは独特のもので、反閇(へんばい)と呼ばれる秘儀足法・歩行法となっています。

これは、道教の歩行呪術が日本に伝来してそう呼ばれるようになったものであり、あらゆる舞踊の基礎に取り込まれていきました。

陰陽道、修験道、密教、神道、田楽や神楽、念仏踊り、歌舞伎、猿楽から能楽、相撲の四股などにそれが見られます。

一説によると反閇は、中国の四千年前の幻の王朝「夏(か)」の始祖「禹王(うおう)」の歩行法が源流とされ、禹歩と呼ばれることもあります。

道教での禹歩は病気を治したり、長生きをしたり、山中に分け入る時や、鬼神を呼び出すためのものですが、日本に伝来してからの反閇は、悪鬼や邪霊を祓い清め鎮めるための歩法となっています。

猿田彦命は神楽のはじめに、その歩法と神剣により邪魔外道を東南西北に追い祓い、十二支五姓の大御宝を守護するありがたい神様なのです。

3/22(日)鳥取市池田家墓所写真コンクール表彰式オープニングで神楽を舞います!

2015年最初の鳥取市での神楽です!

鳥取県東部のみなさん、お待たせしました!

2015年3月22日(日)13:30より鳥取県民会館ホワイエにて、鳥取荒神神楽研究会が神楽を舞います!

昨年も舞わせていただいた池田家墓所写真コンクール表彰式オープニングでの神楽です。

昨年は大国主命の舞いでしたが、今年は事代主命も舞う予定です。

20(写真は南部町神話と食のまつり)

鳥取市のみなさん、13:30からですので、是非ともご参加ください!

facebookイベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/817596078293620/

福の種

 

3/21(土)溝口彼岸市で神楽をします!

伯耆溝口駅前で行われる歴史あるお祭り

2015年3月21日(土)伯耆溝口駅前にて、溝口春の彼岸市が行われます。

大正14年に始まった「春の彼岸市」は、毎年「彼岸の中日」に伯耆町溝口で開かれる歴史あるお祭りです。

伯耆溝口駅から役場溝口分庁舎前にかけて数多くの露店が並び、演芸などのイベントや様々な景品が当たる無料ゲーム大会も行われ、多くの人々で賑わいをみせます。

大国主命も福の種を蒔きますよ!

溝口駅遊学館で稽古をしている鳥取荒神神楽研究会も、神楽を舞わせていただきます!

13時20分より約15分の神楽ですので、是非見に来て下さい!

ookuninushi

事代主命も鯛を釣ります!

美保神社の祭神であり、恵比寿様としても親しまれている事代主命も商売繁盛の鯛を釣ります。

kotoshironushi

様々な出し物が盛りだくさん

<ステージスケジュール>

10:00 開会式
10:15 午前ステージイベント

  • 鬼面太鼓
  • 風神太鼓
  • 溝中・岸本中合同ブラスバンド演奏
  • ポリフィリン症署名運動PR
  • 溝口傘踊り
  • MJフラッシュモブ(午前の部)

11:55 抽選会(午前の部)
12:35~13:20 ステージ休憩
13:20 午後ステージイベント

  • 鳥取荒神神楽研究会
  • 旗ヶ崎ファミリーバンド
  • 塩KARAクローバーZ ダンス
  • 溝口保育所年長組発表会
  • MJフラッシュモブ(午後)

15:50 抽選会(午後の部)
15:50~16:00 閉会式

鳥取荒神神楽研究会は13時20分からです!

みなさん、お越し下さいね!

menba-

 

南部町古事記ゆかりの地 神話と食のまつりは大盛況でした

来場者1500人超!?予想以上の盛況でした!

2015年3月8日(日)鳥取県西伯郡南部町福成のふるさと交流センターアリーナにて、神話と食のまつりが開催されました。 神話と食のまつり 清水川農事生産組合と地域振興協議会とが中心になった実行委員会が主催したのですが、鳥取荒神神楽研究会も企画段階から関わらせていただいて、当日も神楽を舞わせていただきました。

広報に準備にがんばりました

facebookや公式ホームページなどインターネットでの広報、そして新聞、テレビ、ラジオにも複数取り上げられました。 nhk2 そして、前日には餅まきのための餅をつきました。 0203なんと餅まきに使うのは清水井の水で栽培した古代米を使ったお餅です。 餅造り 紅白餅が400個できました!   そして、前日の会場設営を行い、夜は交流会でした。

備中神楽の名門「北山神能社」を迎えての交流会

06

北山神能社のみなさん、清水川農事生産組合のみなさん、集落交流として伯耆町小町の遠藤さんと妹尾さん、鳥取大学医学部のみなさん、そして鳥取荒神神楽研究会で前日の交流会です。

奥に並んでおられる6名が北山神能社さんです。

zennyasai

写真左より森政太夫、雛元太夫、平井太夫、そして研究会の亀山直也です。

08

会場のある天津地域振興協議会の種会長です。

ついに当日!お客さんは来るのか!?

そして、ドキドキしながら当日の朝を迎えました。

asa

ものすごくよい天気です。

準備

鳥取荒神神楽研究会もブースの準備をします。

さあ、お客さんは来るのでしょうか?

町長

来ました!

っていうか、むしろものすごく来ました!

開会式前なのにすごいお客様です。

坂本南部町町長も開会式で挨拶をするために来られました。

07

06

02

04

01

05

kaijyo

08

hyo

宮崎から伝わったひょっとこ踊り

開会式が終わると地元南部町のひょっとこ踊りから開演です。

コミカルな踊りに会場は大爆笑でした。

hyo2

10

そしてついに備中神楽北山神能社の神楽です。

榊の舞いにより、会場の一切が清められます。

sakaki

導きの舞で猿田彦命を呼ぶ

miti

そして雛元太夫による導きの舞です。

猿田彦命の説明し呼ぶための舞いです。

sarutahiko

猿田彦命が舞いだします。

邪魔外道を祓う迫力のある舞いです。

12

昼休憩を挟んで、神能「岩戸開き」です。

天照大御神が隠れた岩戸を開くお話です。

アメノコヤネノミコトとフトダマノミコトが舞いだします。

5

智慧の神であるオモイカネノミコトが策を授けます。

13

アメノタジカラオノミコトは力持ちの神様です。

アメノウズメノミコトが舞い踊ります。

14

無事に天照大御神が現れました。

恵比寿と大黒が福を蒔く

ここで鳥取荒神神楽研究会の事代主命の舞いと、大国主命の舞いです。

この日のために猛練習しましたが、師である雛元太夫、森政太夫の前で舞うことに緊張しまくりです。

20

21

なんとかこなして福の種を蒔くと会場は大興奮です。

直也くんとムルさんは、この時の記憶が無いそうです。

最後はやっぱり大蛇退治

susa

最後はスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する演目「祗園(大蛇退治)」です。八重垣の能とも言われます。

そして備中神楽最高のエンターテイナーが・・

そしてついに松尾明神の登場です。

matuo

「ピースサインをする神様をはじめて見た・・・」

とは、お客様の言葉です。

歌って踊れるエンターテイナー松尾明神は、備中神楽でもっとも人気のある神様です。

酒造りの神様である松尾明神は、てごにんと一緒に酒を作ると、お祝いの福の種を蒔きます。

そしてスサノオノミコトがヤマタノオロチを退治し、16時になりこの日のプログラムが終わりました。

はじめてのイベントであり、準備も大変でしたが、思った以上に賑やかに開催することができました。

ブース出店されていた地域のみなさんも、とてもよく売れたと喜んでおられました。

そして、夜は反省会でした。

40

みなさん、やってよかったと喜んでいました。

備中神楽北山神能社のみなさん、本当にありがとうございました。

31

地域の住民が主体となったお祭は大成功でした。

神話と食のまつりの紹介記事が日本海新聞に掲載されました

平成27年3月6日(金)の日本海新聞に、神話と食のまつりの記事が掲載されました。

nihonkai

五穀米味わい神楽楽しめる

古事記に登場する大国主命の蘇生神話が残る南部街で8日、「古事記ゆかりの地 神話と食のまつり」が開かれる。

神話と食のまつり

 

大国主命の子孫である相見行佳宮司

相見行佳宮司

aimi

3月8日(日)の神話と食のまつりでは、会場のある地域の神社である福田正八幡宮の太鼓で神楽を行います。

今日は相見宮司のご自宅に伺いました。

アジスキタカヒコネの子孫

相見宮司は大山大神山神社の宮司でもあり、アジスキタカヒコネの子孫ともされています。

つまり大国主命の子孫ということですね。

珍しい庭園と打ち首門

福田正八幡宮の下にあるご自宅には、江戸時代の珍しい庭園があり、朝廷直轄だった相見家の門は大名でも帯刀してくぐることが許されず、許可を得ずにくぐったものは斬ってもよいということで、打ち首門と呼ばれていたそうで今も残されています。

ご自宅はそれ自体が貴重な古い邸宅であり、金色の槍や古代砂鉄の刀など、貴重な宝物も伝わっています。

谷川の七竈(ななかまど)

またご自宅のある谷川地区を開いた最初の七家であり、谷川七竈(ななかまど)と伝わっています。

昔は家の数を竈で数えたのですね。

大国主命の神楽でも、国を見てまわることを「竈巡り(かまどめぐり)」と呼び、その舞の形があります。

相見宮司はとても博識で、神話のことや地域のこと、神社のことなどお話を聞くと時間を忘れます。

神話と食のまつりにも来られますので、お姿を見かけたら挨拶をしましょう!

神話と食のまつり