道の駅清流茶屋かわはら「はぁ兎ちゃんお披露目会」でオープニング神楽

平成26年11月23日(日)鳥取県鳥取市の道の駅清流茶屋かわはらで行われたマスコットキャラクターはぁ兎ちゃんお披露目会のオープニングにて、神楽を行わせていただきました。

01舞台上

<写真左から>大国主神、はぁ兎ちゃん、徳林会長、事代主神

マスコットキャラクターはぁ兎ちゃんは、河原に所縁のある八上姫をモチーフにしています。

古事記の「因幡の白兎」の伝説では、出雲の大国主命が、因幡の八上姫に会いに行き夫として選ばれます。

04新聞

神楽は大成功で、翌日の日本海新聞にもイベントの記事が出ていました。

今回の神楽は道の駅清流茶屋かわはらのスタッフ様より、八上姫と縁深い大国主命の神楽をしてほしいと声をかけていただいて実現しました。

そして、八上姫の里に行くならばと、因幡の白兎や古事記で縁のある、大国主命再生神話の地、鳥取県西伯郡南部町の清水川農事生産組合より祝いの餅を提供していただきました。

神楽の終盤で、大国主命から福の種として餅がまかれると、集まった観衆のみなさんは大喜びでした。

02集合写真

イベント後に道の駅清流茶屋かわはらのみなさんと記念写真です。

イベント終了後も地域の方などにたくさん声をかけていただきました。

八上姫ですが、地域ではヤガミヒメではなく「ヤカミヒメ」と呼ばれているそうです。

また、近くにある霊石山には天照大神が行脚した伝説などが残っているそうです。

03看板前

お昼は道の駅に併設されたレストランでバイキングを食べて、それから神社巡りをして米子市に帰りました。

翌日、清水川農事生産組合の大塚さんに、道の駅清流茶屋かわはさんから餅のお返しにと預かったお土産を渡しました。

お土産

とても喜んでおられました。

新しいものを作ることもよいですが、地域の神話や伝承などを掘り起こし、それを磨き上げて新しい地域資源にすることは、とてもすばらしいことだと思います。

そして、神話を通して、地域と地域の交流が生まれることも、とてもすばらしいことだと思いました。

今後とも、こういったつながりを作れる活動をしていきたいと思います。

コメントを残す