伯耆一ノ宮 倭文神社

倭文神社 伯耆国 川村郡鎮座

石柱

【現社名】倭文神社
【住所】鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内754
【祭神】建葉槌命
(配祀)下照姫命 事代主命 建御名方命 少彦名命 天稚彦命 味耜高彦根命
【例祭】5月1日 例祭
【社格】旧国幣小社 伯耆国一宮

看板

伯耆一ノ宮 倭文神社

御祭神 健葉槌命(主神)・下照姫命・事代主命・建御名方命・少彦名命・天稚彦命・味耜高高彦命

安産の神として崇敬されている当神社は、伯耆国の一ノ宮である。創立年代は不詳であるが、社伝によれば。大国主命の娘下照姫命が出雲から海路御着船従者と共に現社地に住居を定め、当地で死去される迄、安産の指導に努力され、農業開発、医薬の普及に尽くされたという。

創立当時当地方の主産業が倭文(しづおり)の織物であったので、倭文部の祖神健葉槌命に当地と関係の深い下照姫命を加えて祭神としたもので、他の五柱の神は大国主命のお子神か関係の深い神々である。

当神社に対する安産信仰は古来からのもので、数々の霊験が伝えられているが、倭文の織物は姿を消したので、安産の信仰が残り、当神社は安産の神として、本県は勿論広く県外にも御神徳が及んでいて、安産祈願の参詣者で社頭は賑わっている。

平安時代延喜式神名帳(西暦922)には、当神社の名が見え、神階は、度々昇進し、承和4年(西暦837)従五位下、斎衡3年(西暦856)従位上、天慶3年(西暦940)には、従三位から正三位に進んでいる。
平安時代当神社にも多数の神宮寺が建立されたが戦国時代武将に社領を没収され、神社のみを残して各寺院は四散した。

当神社には勅額と称する古額が現存し、正一位伯州一ノ宮大明神と刻されている。

往古社殿広大で千石の朱印地を有したと伝えられるが、戦国時代荒廃。天文23年(西暦1554)尼子春久社殿を造営神領七十石寄進。後神領中絶したが、元亀元年(西暦1570)羽衣石城主南条宗勝がこれを復旧した。徳川時代は池田藩主祈願所となり祭日には藩老和田氏から境内警備のため、鉄砲六人を付されている。 明治以降県社であったが昭和14年に国幣小社となった。

例祭日は五月一日
・国宝・伯耆一ノ宮経塚から大正4年に発掘されたもので、東京国立博物館に納められている。
◎銅経筒(平安時代) 銘文中康和五年十月三日山陰道伯耆国河村東郷御座一宮大明神の文字がある。
◎金銅観音菩薩立像(白鳳時代)
◎その他仏像 銅鏡、銅銭。るり玉。桧扇残片。短刀刀子残欠。漆器残片。などがある。

安産岩

神社境内に至るまでの参道横にある。昔常に難産に苦しむ婦人が願をかけ、満願の日夢に下照姫命が姿を現され、参詣の帰途安産岩で簡単に出産し爾来安産岩と称するようになったと云う。

鳥居

随身門03

随身門随身

随身02

狛犬

松江石工・磯右ヱ門作の狛犬

大木

 

コメントを残す