賣沼神社

平成26年11月23日(日)鳥取県鳥取市河原の賣沼神社に行きました。

賣沼神社看板

式内社 賣沼神社

祭神 八神姫命

由緒「延喜式神名帳」に「八上郡賣沼神社」とある神社でありまして、中世より「西日天王」といっておりましたが、元禄年間よりもとの賣沼神社という名にかはりました。(変わりました)御祭神は「八上姫神」でありまして御祭日は十月一日を大祭としております。
「古事記」の伝えるところによると、出雲国の大国主神は八神姫神をオキサキになさろうとしてこの因幡国にお出でになりました。途中で白兎の難をお救いになりまして、この白兎神の仲介で八上姫神と首尾よく御結婚になりました。
この神話伝説は漂着した外地の船人たちが千代川をさかのぼって、まずこの曳田郷をひらいたことに間違はありません。
対岸山麓の前方後円墳を神跡とするのも決して単なることとは云えないようであります。

賣沼神社鳥居と手水舎

曳田川の対岸、簗瀬山(283m)の中腹に八頭郡最大といわれる、全長約50mの前方後円墳があり。被葬者は八上比売ともいわれている。その古墳の下方に旧社地があつたという。
当初初社地は簗瀬山の中腹にあり、それが現社地より一町許り上の小高き所に遷られ、さらに現鎮座地に遷られたものと考えられる。

【住所】鳥取県鳥取市河原町曳田169
【祭神】八上比売神
(合祀)伊弉册尊 保食神 建御名方神 高オカ神 闇オカ神
【例祭】10月第1日曜日 例祭
【社格】旧郷社
【由緒】創立年代不詳
古代中世の記録は詳らかでない
元禄年間(1688-1704)西の日天王から売沼神社と復称
天明8年(1788)9月藩主武運長久の祈願
寛政元年(1789)藩主社号の額一面寄進
寛政6年(1794)9月社殿再建
文政11年(1828)藩主祈祷
昭和5年郷社
【祭祀】江戸時代は「八上売神社」「西の日天王」と称していた
【社殿】本殿流造柿葺、幣殿・拝殿・神饌所・社務所
【境内社】熊野神社・諏訪神社

賣沼神社境内の石

境内には不思議な石があります。

賣沼神社狛犬左

賣沼神社狛犬右

拝殿前の狛犬はとてもユーモラスです。

賣沼神社拝殿

賣沼神社絵馬

賣沼神社横から

賣沼神社拝殿横巨石

拝殿の横には巨大な岩があります。

後ろに見えているのは熊野神社と諏訪神社ということで、イザナミノミコトとタケミナカタノミコトが祀られています。

もともとは前方後円墳の下に鎮座していたこの神社、八上姫の陵墓だという説もあるようですが、前方後円墳は大和朝廷の勢力と言われています。

八上姫は大和朝廷だったのでしょうか?

吉備とも近い因幡の地ですから、ありえなくはないですが謎は深まりますね。

道の駅清流茶屋かわはら「はぁ兎ちゃんお披露目会」でオープニング神楽

平成26年11月23日(日)鳥取県鳥取市の道の駅清流茶屋かわはらで行われたマスコットキャラクターはぁ兎ちゃんお披露目会のオープニングにて、神楽を行わせていただきました。

01舞台上

<写真左から>大国主神、はぁ兎ちゃん、徳林会長、事代主神

マスコットキャラクターはぁ兎ちゃんは、河原に所縁のある八上姫をモチーフにしています。

古事記の「因幡の白兎」の伝説では、出雲の大国主命が、因幡の八上姫に会いに行き夫として選ばれます。

04新聞

神楽は大成功で、翌日の日本海新聞にもイベントの記事が出ていました。

今回の神楽は道の駅清流茶屋かわはらのスタッフ様より、八上姫と縁深い大国主命の神楽をしてほしいと声をかけていただいて実現しました。

そして、八上姫の里に行くならばと、因幡の白兎や古事記で縁のある、大国主命再生神話の地、鳥取県西伯郡南部町の清水川農事生産組合より祝いの餅を提供していただきました。

神楽の終盤で、大国主命から福の種として餅がまかれると、集まった観衆のみなさんは大喜びでした。

02集合写真

イベント後に道の駅清流茶屋かわはらのみなさんと記念写真です。

イベント終了後も地域の方などにたくさん声をかけていただきました。

八上姫ですが、地域ではヤガミヒメではなく「ヤカミヒメ」と呼ばれているそうです。

また、近くにある霊石山には天照大神が行脚した伝説などが残っているそうです。

03看板前

お昼は道の駅に併設されたレストランでバイキングを食べて、それから神社巡りをして米子市に帰りました。

翌日、清水川農事生産組合の大塚さんに、道の駅清流茶屋かわはさんから餅のお返しにと預かったお土産を渡しました。

お土産

とても喜んでおられました。

新しいものを作ることもよいですが、地域の神話や伝承などを掘り起こし、それを磨き上げて新しい地域資源にすることは、とてもすばらしいことだと思います。

そして、神話を通して、地域と地域の交流が生まれることも、とてもすばらしいことだと思いました。

今後とも、こういったつながりを作れる活動をしていきたいと思います。

伯耆一ノ宮 倭文神社

倭文神社 伯耆国 川村郡鎮座

石柱

【現社名】倭文神社
【住所】鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内754
【祭神】建葉槌命
(配祀)下照姫命 事代主命 建御名方命 少彦名命 天稚彦命 味耜高彦根命
【例祭】5月1日 例祭
【社格】旧国幣小社 伯耆国一宮

看板

伯耆一ノ宮 倭文神社

御祭神 健葉槌命(主神)・下照姫命・事代主命・建御名方命・少彦名命・天稚彦命・味耜高高彦命

安産の神として崇敬されている当神社は、伯耆国の一ノ宮である。創立年代は不詳であるが、社伝によれば。大国主命の娘下照姫命が出雲から海路御着船従者と共に現社地に住居を定め、当地で死去される迄、安産の指導に努力され、農業開発、医薬の普及に尽くされたという。

創立当時当地方の主産業が倭文(しづおり)の織物であったので、倭文部の祖神健葉槌命に当地と関係の深い下照姫命を加えて祭神としたもので、他の五柱の神は大国主命のお子神か関係の深い神々である。

当神社に対する安産信仰は古来からのもので、数々の霊験が伝えられているが、倭文の織物は姿を消したので、安産の信仰が残り、当神社は安産の神として、本県は勿論広く県外にも御神徳が及んでいて、安産祈願の参詣者で社頭は賑わっている。

平安時代延喜式神名帳(西暦922)には、当神社の名が見え、神階は、度々昇進し、承和4年(西暦837)従五位下、斎衡3年(西暦856)従位上、天慶3年(西暦940)には、従三位から正三位に進んでいる。
平安時代当神社にも多数の神宮寺が建立されたが戦国時代武将に社領を没収され、神社のみを残して各寺院は四散した。

当神社には勅額と称する古額が現存し、正一位伯州一ノ宮大明神と刻されている。

往古社殿広大で千石の朱印地を有したと伝えられるが、戦国時代荒廃。天文23年(西暦1554)尼子春久社殿を造営神領七十石寄進。後神領中絶したが、元亀元年(西暦1570)羽衣石城主南条宗勝がこれを復旧した。徳川時代は池田藩主祈願所となり祭日には藩老和田氏から境内警備のため、鉄砲六人を付されている。 明治以降県社であったが昭和14年に国幣小社となった。

例祭日は五月一日
・国宝・伯耆一ノ宮経塚から大正4年に発掘されたもので、東京国立博物館に納められている。
◎銅経筒(平安時代) 銘文中康和五年十月三日山陰道伯耆国河村東郷御座一宮大明神の文字がある。
◎金銅観音菩薩立像(白鳳時代)
◎その他仏像 銅鏡、銅銭。るり玉。桧扇残片。短刀刀子残欠。漆器残片。などがある。

安産岩

神社境内に至るまでの参道横にある。昔常に難産に苦しむ婦人が願をかけ、満願の日夢に下照姫命が姿を現され、参詣の帰途安産岩で簡単に出産し爾来安産岩と称するようになったと云う。

鳥居

随身門03

随身門随身

随身02

狛犬

松江石工・磯右ヱ門作の狛犬

大木

 

古事記謎解き旅ガイドの英語版が出版されました

2014年11月20日(木)鳥取県米子市淀江ゆめ温泉二階で、古事記おじさん多羅尾整治の古事記座談会が行われました。

集合

古代の婚姻制度を中心にしてスサノオの偉業について話し合いました。

どんぐり味?のみそ太郎

休憩時間には、淀江ゆめ温泉で販売しているみそ太郎を食べました。

ほのかにどんぐりの香りがする甘い餡の入ったまんじゅうです。

みそ太郎

古事記謎解き旅ガイドの英語版が出版されました

ガイド1

古事記座談会の講師である多羅尾整治先生は、山陰の神話と史跡をわかりやすく紹介した古事記謎解き旅ガイドという本を出版されています。

多羅尾先生が2000km以上を走り、神話の地を実際に訪れて書かれたもので、地図や写真がふんだんに使われたフルカラーのガイドブックです。

それがついに英訳されたのです。

表紙

中身大国主神の再生神話の地、赤猪岩神社もこのとおり英語で紹介されています。

裏

英訳はHenna Valkamaさんが協力してくださったそうです。

古事記という日本最初の歴史書と、実際に残っている史跡や神社、その伝承をまとめたガイドブックが英訳されたことは、とても素晴らしいことだと思います。

この本のうち500冊は世界中の図書館に寄贈されるとのことです。

多羅尾先生は、現在、世界中の人にこの本を読んでいただくための販路や、活用方法を検討しています。

みなさんもよいアイデアがあったらおしえてください。

 

はぁ兎ちゃんお披露目会in鳥取荒神神楽研究会

マスコットキャラクターはぁ兎(と)ちゃん

2014年11月23日(日)鳥取市河原の道の駅河原にて、マスコットキャラクターはぁ兎ちゃんのお披露目会が開催されます。

鳥取荒神神楽研究会は、そのオープニングで因幡の白うさぎの話で関連深い「大国主命」の神楽を行わせていただきます。

恵比寿大国

先着100名にはぁ兎ちゃんオリジナルブックカバープレゼント!

お披露目会当日は先着100名の方に、『はぁ兎(と)ちゃん』のオリジナルブックカバーをプレゼントします。

同時に、地元の特産品の西条柿が原料の柿砂糖を使った新商品『ふぞろいのハート煎餅たち』の実演試食会も行います。

日時:平成26年11月23日(日)午前11時~午後3時 雨天決行

会場:(お披露目会式典)道の駅清流茶屋かわはら情報コーナー

(実演試食会)道の駅清流茶屋かわはら 正面玄関前

内容

1.鳥取荒神神楽研究会 神楽団オープニング「大国主の縁結び神楽」

2.はぁ兎(と)ちゃんご紹介

3.はぁ兎(と)ちゃんへ花束贈呈

4.はぁ兎(と)ちゃん握手会・撮影会

5.地元の特産品を使った新商品『ふぞろいのハート煎餅たち』の実演試食会

6.お披露目記念のオリジナルブックカバーのプレゼント

はぁ兎ちゃんお披露目チラシ

鶴田ごぼうの会・サイノカミわら馬作り体験

鳥取県西伯郡南部町鶴田の鶴田神社にはサイノカミさんがあります。
12月15日には、そのサイノカミにしっぽを焼いたわら馬と団子を持っていって、わら馬を投げてサイノカミの後ろの大木の枝に引っ掛けるという伝統があります。
高いところに引っかかるほど、良縁に恵まれるという言い伝えがあります。

そのサイノカミのわら馬を作る体験イベントが南部町で行われました。

わら馬

正体不明の謎の神・サイノカミ

サイノカミは、賽神、幸神などともされていて鳥取県西部に多く、縁結び、足の神、旅の神、道祖神、村境を守る神などとされます。
古くは木や石だったようですが、江戸時代には男女二柱の神が彫刻された大きな石のものが増えました。
イザナギとイザナミ、サルタヒコとアメノウズメ、クナトノカミとアラハバキなど諸説ありますが、正体は定かではありません。

鶴田神社

伯耆に伝わる伝承のひとつでは、サイノカミさんはオオクニヌシノカミに借金があり、それを返す代わりに縁結びの仕事をさせられていて、借金を返すために馬を欲しがっている。しかし、借金を返すと縁結びをしてもらえなくなるので、尻尾を焼いて売り物にならない馬を奉げるのだという話があります。

鶴田神社の氏子は片目が小さい?

神社参道

鶴田神社は大物主命と猿田彦命を祀っていますが、往古には八幡宮の摂社として山王権現と称していたそうです。
集落の方が、氏子は片目が小さいという言い伝えがあったと話しておられましたが、これは隣接する伯耆町や日野郡の広範囲に伝わる孝霊天皇の鬼退治伝説、楽楽福神社に伝わる話と同じであり、たたらや古代鉄の部族と関係があるのだと思われます。

奴可神社神楽神事比婆荒神神楽を視察しました

平安時代創建の古社

奴可(ぬか)神社は、広島県庄原市東城町小奴可に鎮座する式内社で、平安時代の初期第52代嵯峨天皇御代引仁3年(813年)此の地を拓いた大船足治麿が亀山の麓にお祀りしたのが始まりで、往古は邇比都賣(にびつめ)神社と称し延喜式記載の備後国奴可郡一座とある御社ともいうそうです。
丹生山、つまり朱砂の産出地であり、たたら製鉄とも関係が深いようです。

神楽は一晩中舞われる

七座
神主による神事舞
国譲りの能
八重垣の能
荒神の能
神送り神事

17時から翌朝の5時頃まで、一晩中行われます。

比婆荒神神楽の神能

神能は比婆荒神神楽社が舞います。

演目のひとつである荒神の能は、江戸時代に作られたもので、高天原のニニギノミコトのところに、三匹の鬼が暴れているとタヂカラオとアメノウズメが報告に来ます。そこでニニギノミコトは武力ではなく諭して鎮めるとのことで、鬼たちに対して鎮まれば三宝荒神として祀ると約束をします。
そして、戦いが無く鬼は鎮まります。
鬼が出るのに戦いが無い、珍しい神楽です。

また、比婆荒神神楽社は、衣装も豪華であり、流麗な舞が見所です。

鳥取荒神神楽研究会で視察に行きました

17時からの神事ですが、集合が間に合わないので、伯耆町を19時に出発しました。
黒坂を抜け日野町、日南町を抜け、約1時間半ほどで目的地の奴可神社に着きました。少し迷いました。

猿田彦を呼ぶ導き舞

導き舞

拝殿の中では、神殿が作られ、すでに神楽が始まっていました。

神職さんによる導きの舞は、猿田彦神を説明する舞で、神楽の基本の所作がすべて含まれているという舞です。

白装束の猿田彦

比婆荒神神楽の猿田彦は白装束です。

猿田彦

二人出てきました。

猿田彦02

猿田彦01

猿田彦03

剣や長刀を持ち、激しく振り回します。

邪気を祓う勇壮な舞です。

茣蓙舞

茣蓙01

茣蓙02茣蓙

茣蓙03

茣蓙04

茣蓙を縄跳びのように跳びます。

これはとても難しいものです。

神職7人の龍笛はとても迫力がありました

神主04

神主03

神主02

神主

神主太鼓

太鼓を叩いておられたこの神職さんは、これが最後の神楽だろうとのことでした。

国を譲れとフツヌシ・タケミカヅチが迫る

両神01

ついに神能が始まりました。

国譲りは大国主命が天照大御神に国を譲る話です。

天照大御神の御使いであるフツヌシ・タケミカヅチの両神が舞い出します。

両神

両神02

稲佐の浜で大国主命を呼びます。

国造大国主大神

大国主01

大国主命が登場します。

大国主02

大国主03

大国主

とても豪華な衣装です。

大国主命は、座長クラスが舞います。

集まる氏子に福を授けばやと存じそうろう

福の種まき

竈巡りの舞の後、集まる氏子に福が授けられます。

お餅です!

福の種

徳林会長も大喜びです!

そしてここでタイムアップです。

途中ですが早朝4時から仕事の人もいるので、後ろ髪を引かれながら帰路に着きました。

拝殿前

奴可神社神楽神事は本当に素晴らしいものでした。

また行きたいと思います。

呼んでくださった比婆荒神神楽の荻原さん、本当にありがとうございました。

 

タイや台湾の方にも神楽を喜んでいただきました

外国の方にもわたしたちの神楽が受け入れられるのか?

皆生温泉東光園のロビーで、タイや台湾の団体を含む120名の方に、神楽を見ていただくことができました。

kotosiro2

とても喜んでいただきました。

ことしろ

大盛況でした。

kotosiro3

女性の方にとても喜ばれました。

日本の文化を外国の方に喜んでいただいて、とてもよかったと思います。

皆生温泉東光園よみがえりバイキングで神楽を行いました

よみがえりバイキングと神楽

2014年11月13日(木)皆生温泉東光園にて、大国主命と事代主命の神楽を行いました。

恵比寿大国

中央が大国主命、後ろに立つのが御子神である事代主命です。

打出の小槌を持つ大黒様と、鯛釣りをする恵比寿様でもあります。

伊達徳林

バイキング

バイキングのお客様も大喜びです。

hukumaki

神楽の終盤では、大国主命と事代主命が福の種をまきます。

huku

吉田さん

gakuya

大国主神再生の水で作る古代米「縁結び福の種 五穀米」プロジェクト

バナー画像

神が蘇生した水で作る五穀米プロジェクト

鳥取県西伯郡南部町には古事記に「伯耆の国の手間の山本」と記載される手間山があります。

この手間山のふもとには、やけどで死んだ大国主神が三人の女神の力で再生・復活した神話が残っているのです。

清水川農事生産組合

このプロジェクトの主体は、鳥取県西伯郡南部町の清水川農事生産組合です。

「耕作放棄地を出さない」という理念に賛同する9戸の農家が集まり、平成19年に立ち上げた組合です。赤字の農家が集まって共同作業に取組み、直接販売の販路開拓に取り組むことで黒字化することができました。

田畑の保存、後継者問題などを解決するための攻めの農業を模索する中で、今回の「神を蘇生した水で作る五穀米プロジェクト」に取り組むことになりました。

大国主神の再生神話

はるか昔、因幡の白兎を助け、ヤガミヒメを妻にした大国主神は、出雲に帰る途中の手間山で、兄である八十神(ヤソガミ)たちに嫉妬され殺されてしまいます。

大国主神の母であるサシクニワカヒメは天の神に願い、赤貝の神・キサガイヒメと、ハマグリの神・ウムギヒメとともに、母乳と清水井の水で練った薬を大国主神の体に塗って蘇らせたのです。

再生・復活した大国主神は、麗しき丈夫となり、後に国を治めるのです。

※ このときまだ大国主神はオオナムヂと名乗っていますが、混乱を防ぐために大国主神で統一しています。

大国主神を蘇らせた清水井

清水井手間山のふもとに湧く清水井は、一度も枯れたことがないそうです。

⇒南部町役場再生神話特設サイト
http://www.town.nanbu.tottori.jp/akaiiwa/

神様を蘇生させた水で古代米を作ろう!

清水井のある清水川集落には、清水川農事生産組合という農業をする組合があります。

「神様を蘇生させた水で特産品が作れないか?」

鳥取荒神神楽研究会と清水川農事生産組合、そしてなんぶ神話ガイドの会は、清水井と周辺を舞台にして古事記を題材にしたツアーを重ね、参加者からの意見も取り入れながら、古代米の栽培を行うことにしたのです。

清水井の水が田に清水井神楽田植えの開催

大国主神は、国造りのありがたい神であり、医療とまじない、そして農耕を広めて国を広げました。

平成26年4月、その大国主神が苗をまくという、神楽田植えを行いました。

DSC_6178DSC_6209DSC_6233DSC_6242飛び入りでおばあさんの田植え歌も飛び出し、にぎやかに楽しく田植えが行われました。

読売

新聞やテレビのニュースでも大きく取り上げられました。

稲こぎが行われました!

清水川稲こぎ

五穀米を特産品に!

この古代米と、麦、あわ、大豆、小豆を使って、五穀米を作ります。

神話の土地、そして神を蘇生させた水、大国主神がまいた苗、このありがたい作物で、ありがたい特産品を作ろうと考えています。

現在、研究しているところですが、五穀と白米をブレンドしたもので、炊き込んですぐに食べられるようなものを考えています。

表紙2

完成した商品は、特産品としての販売はもちろんですが、縁結びの福の種として、大国主神の縁結び神楽で、集まった方々にまかれます。

DSC_6175

ご支援お願いします!

今回、清水川農事生産組合もはじめての取り組みであり、どういった商品になるかはこれからです。

みなさんの意見など、どうぞお聞かせください。

今後のスケジュール(予定)

2014 11月頃 商品開発
2014 12月頃 PRイベント
2015 2月頃 神話と食のまつり

神話と史跡と神楽を組み合わせた特産品

清水川集落の方々にとって清水井は誇りです。

この取組によって、いっそう地域が元気になると思いますので、応援よろしくお願いします。

DSC_6277suiyan1

これまでの取組み

5/25(日)神楽田植えを行いました!
5/26(月)中海テレビニュースで田植えの様子が放送されました!

7/4(土)草取りを行いました!
7/4(土)会議を行いました!
7/5(日)粟の苗植えが行われました!

リンク

▼神話の水で作る大国主の縁結び五穀米facebookページ

鳥取荒神神楽研究会facebookページ