8/4(日)むきばんだ遺跡で日野高校と共同公演をしました

2013年8月4日(日)むきばんだ遺跡で日野高校と共同で荒神神楽八重垣能を行いました。

むきばんだ遺跡の中原館長のたってのリクエストで、鳥取荒神神楽研究会からも会長徳林と末次が参加しました。

当日は正午から日野郡日野町にある日野高校黒坂庁舎の神楽練習場で練習しました。

日野高大蛇練習1

画面左から2人目で壁際に立っているのが顧問の西村先生です。

日野高校大蛇練習

ヤマタノオロチ7頭立てで練習しました。

そして16時過ぎに練習を終え、バスでむきばんだ遺跡まで移動しました。

あいにくの雨で、本来は野外ステージにかがり火が用意してある中で19:30からの公演予定だったのですが、急遽室内に変更になりました。

リハーサル

会場変更のため、ヤマタノオロチは7頭から6頭にすることになりました。

写真中央左寄りの大柄な男性が、鳥取荒神神楽研究会の会員で昨年まで日野高校郷土芸能部にいた末次です。

奥の中央のピンクのTシャツが会長徳林です。

今回は、末次がヤマタノオロチと戦うスサノオの役、徳林がお囃子で締太鼓を叩きます。

淀江さんこ節

白鳳高校の淀江さんこ節の演技で会場が爆笑の渦の中、ついにわたしたちの出番になりました。

会舞のスサノオとイナタヒメ

お囃子6人で大蛇6頭の神楽スタートです。

スサノオノミコトとイナタヒメが契りを交わし、テナヅチ、アシナヅチが大蛇退治の酒を作ります。

スサノオ接写

スサノオが戦いの前の歌を歌います。

中身は研究会の末次です。

大蛇6

ヤマタノオロチが出てくると、会場はどっと沸きます。

子供たちも大喜び!

泣いている子供もいましたが・・

大蛇接写

高校生の若さあふれるパワフルな演技に会場は興奮のるつぼです。

およそ35分の公演を終え、お客様から絶賛していただきました。

はじめて神楽を見た方も多かったようです。

公演後はヤマタノオロチの頭を使った体験会も行いました。

神楽体験

こどももおとうさんもおかあさんも大喜び。

貴重な体験だと写真を撮っておられました。

こういった体験の場を増やして、神楽の普及に努めたいと思います。

日野高校のみなさん、むきばんだ遺跡のみなさん、関係者のみなさん、観に来ていただいたお客様、ありがとうございました。