伝統芸能が集落コミュニティを作る下蚊屋荒神神楽保存会明神社

鳥取県日野郡江府町下蚊屋集落は、霊峰大山の裾野の険しい中山間地域にある集落だ。

下蚊屋集落は大山古道「横手道」という街道沿いの宿場町として栄えました。

横手道は、岡山県真庭郡河上村から内海峠を越えて、下蚊屋、御机、鍵掛峠を経て大山寺へ続いています。

その下蚊屋集落には、荒神神楽という伝統芸能が400年前から伝承されています。

スポンサーサイト

集落が荒神神楽を中心にまとまる

下蚊屋の荒神神楽は、鳥取県の無形民俗文化財に指定されています。

集落の中心にある山口神社境内には神楽を舞う社務所があり、下蚊屋荒神神楽保存会明神社が伝統芸能を粛々と伝承しています。

そして集落は神楽とともにあるのです。

変えない伝統芸能

下蚊屋荒神神楽保存会明神社の会長、小椋さんは言います。

「神楽は変えない」

先輩から受け継いだものをそのまま後世に託す、神楽を変えないこと、そのまま伝承することが大事なのだそうです。

写真:オオクニヌシの舞の稽古、太鼓を叩く小椋会長

伝統芸能として伝承するため、太鼓も笛も楽譜がありません。

ものごころついたときから集落で荒神神楽に触れ、先輩方の技をそのまま見聴きして習得するのです。

6時間にも渡る神楽の中で神々の会話や口上として歌われる神歌(じんか)と呼ばれる歌は、さすがに最近、紙に書き記したそうです。

動画:2013年6月28日の下蚊屋での練習風景

夏は木地師、冬は神楽団となって集落をまわる

下蚊屋集落は木地師の里です。

木地師とは、木の器などを作る職人のことで、夏は木地師として山に入り、秋の収穫後から冬、そして春までは神楽団となって遠くは倉吉あたりまで庄屋さんの家などで神楽を披露してまわっていたそうです。

これは、冬の間の出稼ぎのようなもので、よその集落で神楽を披露することで食事が出る、家にいて米を食べないぶん家自体は食いぶちが減るのです。

続く秘訣は集落で取り組むこと

伝統芸能や郷土芸能は担い手の減少などによって、活動を停止する団体も多く、その保存と振興が課題となっています。

そんな中で下蚊屋荒神神楽保存会明神社では24歳の若者から70代まで活発に活動し、年間約10回の神楽公演をこなしています。

活発に続く秘訣を小椋会長に聞いてみました。

「集落でやるから続くんだ」

スポーツや趣味の活動では、車などの移動手段が発達した現在、いろんな場所から集まってきて活動をすることが多いのですが、それではダメだと小椋会長は言います。

「好きだからやるでは、好きじゃなくなったらやめてしまう。下蚊屋では集落で神楽に取り組むため、やるのが当たり前だ。だから続くんだ」

練習に出てこなかったら家まで呼びに行くと言うと、集まっているみなさんからどっと笑いがこぼれました。

昔は荒神神楽をやりたくても、一家の長男しかやることができなかったそうです。

練習の後の酒が大事

神楽の練習が終わると、みなで酒を飲みながら雑談をします。

これは遅いと12時を過ぎることもあります。

集落で行う下蚊屋荒神神楽は、歩いて帰れる距離の人が集まっているのですから、気楽に飲むことができます。

「若者と年寄りがなじむには酒が大事だ」

「酒が入るから遠慮なく話せることがある」

集落の結束が伝統芸能と酒で固まっているのです。

この日の宴も深夜まで続き、集落の中心にある社務所からは大きな笑い声がしていました。

伝統芸能が集落のコミュニティを形成する。

中山間地域のにぎわい作りに、郷土芸能や伝統芸能はとても大きな意味を持っていると感じました。

スポンサーサイト

鳥取荒神神楽研究会が日本海新聞海潮音コラム欄に掲載されました

鳥取荒神神楽研究会の記事が、日本海新聞の一面下部コラム欄である「海潮音」欄に掲載されました。

海潮音

日本海新聞記事 海潮音

2013.6.29

昔に比べて郷土芸能と日常生活の関わりが薄くなっている中、郷土芸能の認知度向上に取り組む若者グループに出会い、頼もしく思った。鳥取県西部の20代の若者7人でつくる鳥取荒神神楽研究会。日野高校の郷土芸能部で荒神神楽に打ちこんだ経験のある卒業生を中心に2010年に発足した。

神楽で演じられるオロチ退治などのあらすじは神話に基づいており、地域住民と一緒に古事記の勉強などをするほか、今、神楽を演じる神楽団を作る計画に取り組んでいる。

観光施設などに「少人数・短時間・安価な神楽」の上演を求めるニーズがあるといい、これに応える神楽団を想定。オオクニヌシが主役の演目を考えている。

資金や新規団員の確保などの課題もあるが、昨今の古事記や出雲大社への関心の高まり、豊富な神話ゆかりの地、下蚊屋荒神神楽保存会(江府町)や古事記研究家などとの交流を糧に、神楽団の結成へ前進してほしい。

研究会会長の会社員、徳林亜美さん(23)は活動を通して「地元の人に伝統芸能の面白さを知って好きになってもらい、若い人には神楽を一緒に経験してほしい」と熱く語る。地域の振興を目指す若者たちを応援せずにはいられない。

日本海新聞さんには、何度も取材に来ていただいて、とてもよい記事を書いていただきました。

オオクニヌシの神楽を演じる神楽団の新設には、練習場所の確保、衣装や道具の用意などまだまだ課題は多いですが、鳥取県無形民俗文化財である下蚊屋荒神神楽保存会明神社のみなさんのあたたかい協力もあり、コツコツとがんばっていきます。

みなさん、よろしくお願いします!

写真:下蚊帳荒神神楽保存会明神社の練習風景

定例会議を日本海新聞さんが取材に来られました

2013年6月27日(木)は鳥取荒神神楽研究会の定例会議でした。

日本海新聞さんが、神楽団団員募集の件と合わせて会議の場を視察に来られました。

会議01

伯耆町溝口、この日は屋外での会議です。

手前左は日野高校郷土芸能部に在籍し、この春、めでたく卒業し、鳥取荒神神楽研究会に入会したS君です。

日野高校郷土芸能部は、鳥取県内で唯一、荒神神楽を行っています。

S君は、大蛇退治の演目「八重垣能」でスサノオノミコトを演じていました。

会議02

議題はたくさんあります。

神楽団新設のもろもろ、今年度の事業案、下蚊屋荒神神楽保存会明神社の視察の件、本当にもろもろです。

みんなで知恵を出し合い、焼きそばを食べながら、なごやかに会議を行いました。

鳥取荒神神楽研究会では、神楽団員を募集しています。

そして、研究会員も募集しています。

研究会員は、神楽ができなくても構いません。

神楽の振興に関わることを行う裏方です。

神楽や古事記の研究をしたいという方も歓迎です!

とにかくみなさん、一緒に伝統芸能や郷土芸能、神話と触れる活動をしてみませんか?

見学もできますので、気軽にお問い合わせください。

下蚊屋荒神神楽保存会明神社を見学に行きました

2013年6月26日(水)に下蚊屋荒神神楽保存会明神社を見学に行きました。

鳥取県日野郡江府町の山間で400年以上の歴史を誇り鳥取県無形民俗文化財に指定されている伝統芸能「荒神神楽」を伝承している団体です。

週末に神楽公演を控えていて、その練習風景を見学させていただきました。

鳥取荒神神楽研究会からは若者4人が訪問させていただきました。

下蚊屋集落は岡山県から大山の牛馬市を結ぶ大山古道の宿場町で、木地師の里として栄えました。

その集落の中心、山口神社の境内に神楽をするための建物があります。

二柱

この日、練習していたのはオオクニヌシが国譲りをするもので「杵築能」という演目です。

コトシロヌシノカミとオオクニヌシノカミがフツヌシノカミとタケミカズチノカミの二柱の神と相談し国譲りをするのですが、オオクニヌシノカミのもう一人の息子であるタケミナカタノカミは国譲りを拒みます。

そして二柱の神とタケミナカタノカミは戦うことになるのですが、二柱の神が相撲、刀、薙刀の三回戦ってタケミナカタノカミを打ち負かし、ついには長野県諏訪地方で鎮められます。

このタケミナカタノカミを祀ったのが諏訪大社です。

この日の見学は、オオクニヌシノカミの神楽を視察するためでした。

大国衣装

打ち出の小槌と百万両の大判小判が華やかな衣装です。

大国頭巾

頭にかぶる頭巾も華やかです。

さすが葦原中津国を治めた大国主神です。

大国指導

オオクニヌシノカミが竈巡りをして領内を見て回り、無病息災と豊作を祈って福の種を蒔くというめでたくありがたい演目です。

福の種は飴や餅と五円玉(ご縁)を包んだもので、出雲大社の祭神であるオオクニヌシノカミは縁結びの神様として祀られています。

これは男女の縁だけでなく、人と人、家族や仕事などあらゆる縁を結ぶものです。

囲み

練習が終わった後は酒を飲みながら歓談です。

これが集落のつながりを深め、神楽社中としての結束を固めているのです。

神楽のこと、社中運営のこと、さまざまなことをおしえていただきました。

この日は地元の新聞である山陰中央新報社の取材も来ていただきました。

28日も見学に行く予定にしています。

鳥取荒神神楽研究会では、このオオクニヌシノカミの神楽を舞う神楽団の設立を目指して活動しています。

団員を募集していますので、まずは気軽にお問い合わせください。

練習は伯耆町地内で行う予定で、年齢、性別などすべて不問です。

一緒に伝統芸能をしましょう!

 

 

2013年鳥取県で開催される花火大会のまとめ

2013年鳥取県の花火大会



7/20(土)若桜町納涼花火大会

鳥取県若桜町
打上数1,600発 人出2000人夕方から土曜縁日がはじまり駅前広場に屋台、20時から花火打ち上げです。
若桜鉄道のSLライトアップもあります。荒天時は翌日に順延になります。
0858-82-2238 若桜町役場産業観光課

7/20(土)フェスティバル・ディア・マスミズ

鳥取県伯耆町
打上数2,000発
大山屈指の天空リゾート「大山桝水高原」で行われる夏祭りです。
約2,000発の大山花火に盆踊り、その他イベントが目白押し。
桝水高原天空リフト展望台には花火観覧限定の特等席が設けられます。
先着100名、リフト往復大人700円、4歳~小学生600円です。
0859-68-4211(伯耆町役場 商工観光課)

7/21(日)第68回みなと祭 花火大会・灯ろう流し

鳥取県境港市
打上数2,000発 人出40,000人
海上の船から打上げる花火は炸裂音が嶋根半島に反響して大迫力です。
花火打上げと同時に、2,300個の灯ろうが幅400mの境水道に流され花火とともに水面を幻想的に飾ります。
0859-47-0121 境港市観光案内所

7/21(日)水郷祭 湖上大花火

鳥取県湯梨浜町
打上数1,000発
東郷湖に打ち上げられる花火は山陰有数の美しさ。
灯ろう流しや、鳥取県無形民俗文化財の浪人踊りも披露されて、花火のクライマックスを飾ります。

7/27(土)第26回浦富海岸元気フェスティバル花火大会

鳥取県岩美町
打上数2,500発
日本海に輝く漁火をバックに海上から見事な大輪の花火が海上に花開きます。
傘踊りなどのイベントも花火を盛り上げます。
0857-72-3481 岩美町観光協会

7/27(土)大山町納涼花火大会

鳥取県大山町御来屋漁港
打上数2,000発 人出4000人
御来屋漁港に鎮座する「えびす神社」の宵宮祭にあわせて実施される花火大会。
最短で200mの間近で見られる花火は圧巻です。
0859-54-2065 大山町商工会

7/27(土)赤崎波止のまつり花火大会

鳥取県東伯郡琴浦町大字赤崎
打上数3,500発 人出3000人
赤崎の伝統行事、花火が夜空と海面を彩り、見ている人を幻想の世界に誘う。
花火のほかにもさまざまなイベントが楽しめる。
0858-55-7811 琴浦町観光協会



7/28(日)第40回米子がいな祭大花火大会

鳥取県米子市
打上数 人出98,000人
大きいを意味する方言の「がいな」がつけられた米子市民あげての夏祭りです。
山陰一の打上数を誇る大花火大会は、中海湖面を色とりどりに染めながら夜空を焦がし、米子の一番熱い日を締めくくります。
ラストを飾るナイアガラは圧巻です。
0859-22-0018 米子がいな祭企画実行本部

8/4(日)第37回倉吉打吹まつり 飛天花火大会

鳥取県倉吉市
打上数6,000発
山車巡業やパレード、さまざまなイベントが予定されています。
会場からJR倉吉駅まではシャトルバスが運行、無料駐車場も約500台あります。
2013年は市政60周年を記念し6000発の花火を打ち上げます。

8/4(日)キュリー祭

鳥取県三朝町
ラドン含有量の多い三朝温泉で、ラジウムの発見者であるキュリー夫人の遺徳をしのぶ感謝祭。
フランスとの交流の盛大なセレモニーが行われる。
花火、屋台、ステージイベントなど。

8/15(木)きしもと豊年盆踊り大会

鳥取県伯耆町
岸本中学校グランドにて、みんなで一緒に踊る豊年盆踊り、花火大会、お楽しみ抽選会、風神太鼓などが披露されます。
0859-68-4211(伯耆町役場 商工観光課)

8/15(木)鳥取しゃんしゃん祭 第60回鳥取市民納涼花火大会

鳥取県鳥取市
打上数5,000発 人出130,000人
鳥取の夜空に5000発の花火が舞います。
小学生対象に花火の絵を募集し、最優秀の3作品をもとに花火を打ち上げる「夢キッズ花火絵画コンクール」も開催されます。
また、音楽とともに花火を打ち上げる「音楽花火」も開催します。

8/15(木)第44回淀江町盆踊り花火大会

鳥取県米子市淀江
打上数1,500発
19時から盆踊りが行われ、20:30から花火が打ち上げられます。

8/15(木)黒坂納涼祭り

鳥取県日野郡日野町黒坂
打上数300発
黒坂小学校の校庭を主会場に、黒坂小学校生徒の傘踊りや、日野高校郷土芸能部の荒神神楽「八重垣能」が披露され、抽選会などもあります。
0859-72-0332 日野町役場

8/17(土)江尾十七夜

鳥取県江府町江尾(えび)
500年の歴史を持つ伝統行事です。
久連山に十七夜の火文字がともり、貝田傘踊り、こだいぢ踊り、川面に色とりどりの灯ろう流し。
周囲の山々に響き渡る迫力の花火大会です。

スポンサーサイト

鳥取県の花火情報を募集しています!

鳥取県で行われる花火大会の情報を募集しています!

下記フォームより情報をお寄せください。



第11回古事記おじさん多羅尾整治の古事記座談会のお知らせ

古事記座談会201307

古事記座談会シーズン2の実質2回目です!

日付:2013年7月18日(木)

場所:淀江ゆめ温泉

18:00 レストランで会食・歓談(自由参加、実費)

19:00 古事記座談会

20:00 休憩10分間

21:00 終了

料金:一般1000円、29歳以下500円、19歳以下無料

内容:

山陰には、古事記上巻(かみつまき)に記された国譲りまでの舞台と古事記で語られたその後を伝承で示す地が多数存在しています。

古い読み物であるがゆえに、未だ謎に包まれた古事記と日本のはじまりについて、古事記おじさんこと多羅尾整治氏と語る座談会を毎月開催しています。

参加申し込み・問い合わせは下記フォームから

問い合わせ先
090-3374-6186 担当:かいざわ
jun@kaiz.asia

スポンサーサイト

サイトを開設しました

鳥取荒神神楽研究会の公式サイトを開設しました。

このほかに以下のサイトが稼働しています。

じげ風呂「鳥取荒神神楽研究会」

facebook鳥取荒神神楽研究会ページ

また、関連サイトとして以下のようなものがあります。

古事記おじさんの日本のはじまり探し

中山間地域の生活応援まめなか屋

2013年6月20日(木)第10回古事記座談会は急遽、交流会になりました

スポンサーサイト

2013年6月20日は古事記おじさん多羅尾整治の古事記座談会シーズン2の2回目でした。

シーズン1から通算で10回目になります。

古事記座談会201306600

この日は、夕方に急遽、多羅尾先生に急用ができてしまい、講師不在のまま交流会になりました。

淀江ゆめ温泉の一階レストランにて20名が食事をしながら歓談しました。

普段とは違う交流もまたよかったのではないでしょうか。

参加者には、だんごや萌音様より、だんごと和菓子各種がふるまわれました。

7月の座談会は7月18日(木)になります。

みなさん、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト